「離職」

職場での人間関係の悪化が「離職」の原因となる場合が多くあります。

「人間関係のストレス」に取り組むことは育ててきた人材を失う大きな損失を防ぐために重要な要素。

しかしその対策にお困りの経営者が多いことが現状です。

ひとの「感情」をコントロールすることは出来ないからです。

 

同じ出来事や言葉に対してどう感じるのか?は大きな個人差があります。

不快に感じるひと。

まったく気にならないひと。

強い不快感を感じるのは

本人の心の中に反応するものが

あるからです。

その強い不快感を取り除くことで、

人間関係は格段に良くなっていきます。

 

 

RAS®︎のセッションは

「なんでこんなことで悩んでいたのだろう?」と

本人が感じられるように

サポートしていきます。

 

自分自身の力で本来の個性に戻り、

力を発揮することができるまでを

共に向き合う学術的なワークです。

 

「山陰経済ウイークリー5月29日号」