「仕事に対するやる気と愛情」

「山陰経済ウイークリー」7月10日掲載コラム

 

 

 

社員のメンタルは

そのまま会社の運営に強く影響します。

持続的成長のために配慮すべき

重要な観点として

よく知られるようになってきました。

 

否定的な感情に傾きやすい現代

「仕事に対するやる気と愛情」を

安定的に保つことは

難しくなりつつあります。

 

職場環境を整えたり

健康を保つための定期検診などが

一般的ではありますが

「メンタルの良好な状態」を

どう維持するかは

大切なことでありながら

世代の違いや個性の違い

そして複雑化する世情の影響により、

これまで有効であった

「集団での研修」だけでは

補いきれないのが現状です。

 

「幸福感」には個人差があります。

気持ちよく働けるか、

前向きでいられるかという

「精神的に良好な状態」は

個別でしか対応する方法はありません。

 

そして

精神的に良好な状態が

健康な肉体を維持します。

 

社員の健康に配慮すること。

特にメンタルマネジメントこそが

今の時代に必要な経営手法である

理由がそこにあります。

 

RAS®︎は

一対一の個別セッションで

一人一人千差万別のメンタルに対応します。

 

個人の集合体である

「組織の健康」を

保つために有益なものであると考えます。