「このままでいいのだろうか?」

「このままでいいのだろうか?」

まいぷれ松江の投稿です。

http://matsue.mypl.net/shop/00000354273/news?d=1447584

 

5年前。専業主婦だった私は、

時々ボンヤリと

「このままでいいのか?」と

思っていました。

炊事、洗濯、掃除の

繰り返しの日々の暮らしに

不満はなかったのですが、

少しずつ

手がかからなくなっていく子供達が、

独立した時、

私はどうするのだろう?

「家族のため」と思いながら

ほとんどの時間を生きてきたのに、

家族の形が変化していくことに

戸惑いを感じていました。

50歳を過ぎた頃から

中年太りか始まり、

同時に体調も思わしくなくなり、

健康に対する不安も出てきました。

長男の身体が弱かったので、

「食」に関することを勉強したり、

ヨガや太極拳やバレエなどの

教室に通い鍛えようとしたり、

西洋医学の知識が

手に入る環境にいながら、

代替医療に関するものや、

「おばあちゃんの知恵」と言われる

古くから受け継がれた

日本人の生活の知恵を

学ぶ機会もありました。

「このままでいいのか?」と

投げかけた問いに対する

「答え」を受け取り始めました。

一生懸命に努力しても

どうにもならないことが

起こり始めました。

いろんな知識を持っていても

役に立たないことにも

出会いました。

「なんとかしないといけない!」と

強く感じて

「どうしたらいいのか?」を

考え続ける日々。

そして自分が

「これは正しい。」と

思ったことを

行動に移していく。

でも、うまくいかない。

「なぜだ?

なぜ自分はできないんだ?」と

強く自分を責め続けていました。

そんな時に

RAS®︎につながりました。

それまで持っていた考え方とは

まったく違う

ものがあることを

初めて知りました。

それが「感情」でした。

「このままいいのか?」と

問うたのは、

私の押えていた「感情」

だったのです。

私のほんとうの人生を「生きたい!」

という

心の奥底からの叫びを

「感情」を感じることに

麻痺していた私が

「このままでいいのか?」と

ボンヤリとでも感じたおかげで、

気がつくことができました。

セッションを繰り返し受ける中で

私が

いろんなことを我慢し続けてきたことを

知ることができました。

我慢しなくてもよかったのに、

我慢することがいいことだと

勘違いしていました。

どうにもならない出来事は

「我慢できない!」と

強い怒りを感じるほど

大きな出来事でした。

それを「なんでだ?」と

混乱ばかりしていた私が

RAS®︎のセッションのおかげで

「ああ、私は怒っていたんだ。」と

気付けるようになりました。

気付けるようになったら、

どうにもならない出来事は

終わっていきました。

ファシリテーターになった今でも

いろんなことが起こります。

でも、

「これでいいのか?」は

「これでいいんだ。」と

思えることが

増えてきました。

一生懸命ジタバタと

「なんとかしないと!」と

動き回るのをやめて

「どう感じている?」と

自分と向き合いながら

「そう。悲しいんだね。」と

感情に寄り添っていきます。

こうやって

一つ一つを終わらせていくこと。

以前よりは

ずいぶん平和になった心で

幸せを感じられるように

なりました。

RAS®︎のセッションは

こんなことができるようになる

お手伝いをいたします。

いま強くストレスに感じることは

その「感情」に気づいて

手放していくことで

終わらせることが

できるのです。

普通のカウンセリングとは違います。

体感型です。

体験すると

どういうものか

理解できます。

携帯080-4263-9880

お電話でも

ショートメールでも結構です。

ホームページ

からでも

ご予約いただけます。

Facebookもしております。

「白鹿広子」で検索して

ご覧になってくださいませ。

タグ: , , , , , , , , , , , , , ,