「人生のプロデューサーは自分自身」

「人生のプロデューサーは自分自身」

ブログ

まいぷれ松江の投稿です。↓

 

「人生のプロデューサーは自分自身」

http://matsue.mypl.net/shop/00000354273/news?d=1458185

 

誰にも責任を押し付けられない。

今の状況を創ったのは自分。

 

食べすぎたから太った。

程度のことではありません。

全て。なのです。

 

親も

兄弟も

仕事も

結婚も

子供も

友人も

今の環境も

 

その「体験」をしたかったから

その状況を設定して創ったのです。

 

きっと面白いに違いない!と

計画したのです。

 

空腹を感じるからこそ

食べることを強く楽しめるように、

 

できない!と感じたことが

できた!という喜びを強める。

 

そう!

全て

幸せ!と感じるために

こんな大掛かりな設定を

あなたは仕掛けているのです。

 

でも、

もし、いま、行き詰まりを感じているなら、

設定そのものを見直す必要があります。

 

ちょっとハードルを高くし過ぎたのカモしれません。

 

その原因を探す方法があります。

 

自分の人生なのに

思い通りにいかないのはなぜなのか?

 

プロデューサーの席を

他人に譲ってしまっているのカモしれません。

 

どうしてそうなったのかを

自分の中に訊く方法があります。

 

普通のカウンセリングとは違います。

 

体感型です。

体験すると

どういうものか

理解できます。

携帯080-4263-9880

お電話でも

ショートメールでも結構です。

メールアドレス

harthappinessdragon@gmail.com

ホームページ

からでも

ご予約いただけます。

 

 

 

タグ: , , , , , , , , , , , ,

「不完全な自分を楽しむこと」

「不完全な自分を楽しむこと」

ブログ

まいぷれ松江の投稿です。↓

 

 

 

「不完全な自分を楽しむこと」

 

病気になった時

健康の有難さを強く感じます。

「ちょっと身体に無理をさせたか?」

「栄養が足りてなかったのか?」

病気になった原因を

探ろうとします。

 

不快な状態から逃れるために。

元気に戻れた喜びを感じるために。

 

病気と同じようなことが

ほかにも沢山起こります。

 

仕事についてや

人間関係

 

うまく出来ない自分を

不快に感じて

その不快から逃れようとする

幸せと感じたいと行動する。

 

生きていると

そんなことの繰り返し。

 

だから

その不完全さを楽しみましょう!

 

だって、

完全なんて有り得ないから。

 

「こんな大変な状況を

楽しむなんて無理だ!」と

頑張って頑張って

結局、ヘトヘトになるって

分かっている人は

もうすぐです。(^_^)

 

不完全な自分を楽しめるように

なりたい!

 

と感じたら

まさに

RAS®︎のセッションのタイミングです。

 

不完全さを受け入れて

自分らしく生きている人たちを

羨ましく感じていたら

 

まさに

RAS®︎のセッションのタイミングです。

 

ご予約くださいませ。(^_^)

 

✳︎普通のカウンセリングとは違います。

体感型です。

体験すると

どういうものか

理解できます。

携帯080-4263-9880

お電話でも

ショートメールでも結構です。

ホームページ

からでも

ご予約いただけます。

タグ: , , , , , , , , , , , , ,

「俯瞰」

「俯瞰」

「山陰経済ウイークリー」10月2日掲載のコラムです。

 

 

「俯瞰」

 

家族や職場や友人との人間関係。

やりたいことが上手くいかない。

自分の健康や生活や将来に

問題だと感じている。

など、

誰もが何かしらの悩みを持っています。

 

なにかのキッカケで繰り返す

その不快感に

しっかりと向き合おうとしても

どうしていいのか分からないほど

行き詰まりを感じている時こそが

チャンスです。

 

悩みを感じているのは、

あなたの心の中

だけです。

 

同じ状況を

同じ強さで

不快に思わない人もいるかもしれない。

 

では、なぜ自分は強く不快と感じるのか?

 

 

「からだに訊く」という方法は、

一方向に固まってしまっている

心の向きを

俯瞰することができます。

 

「思考」に偏っている向きを

「感情」という視点で捉える方法です。

 

悩むのは感情の動物である人間だからこそ。を思い出していくセッションとなります。

 

タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,

「帰りたくない」

「帰りたくない」

「山陰経済ウイークリー」9月4日号掲載コラム

 

大切な我が家。

なのに、

用を終えて帰途に着く瞬間

ふと感じる不快感。

 

それは、

できれば関わりたくない憂鬱な問題?

家族との関係?

1人になる寂しさ?

 

「なぜ自分は

我が家に帰りたくないと感じるのだろう?」

と思った経験はありますか?

 

 

感情は「感じきる」ことで消化できます。

「嫌だな」と感じる

原因が分かっていて

「嫌だな」と感じることを

続けていると、

5分もしないうちに

「なんともない」までに消化できます。

 

でも、それをせずに

不快感を抱えたまま

帰宅することを繰り返していると

帰りたくない不快感が

積み重なって強くなり、

原因が自分でも分からないまま、

寄り道をしたり

お酒や食事や買い物などで

紛らわそうとする行動に出やすくなります。

 

そして問題が増え、

複雑化してしまい、

健康や経済にまでも広がっていって

最初に感じた不快感の

原因が分からなくなります。

 

 

 

これが強いストレスが生まれる仕組みです。

 

始まりは

小さな不快感から逃れようとする

無意識の行動。

それが原因です。

 

 

 

RAS®︎のセッションでは

ストレスの原因となる

「感情」を

身体から直接聞いて特定し

「消化」するサポートを行います。

 

 

 

どんなストレスにも対応できます。

 

タグ: , , , , , , , , , , , ,

「情熱」

「情熱」

「山陰経済ウイークリー」8月7日掲載コラム

 

渇ききったのどに

ひとくちが沁みわたる快感。

 

失くしてしまったものを

探しまわって見つけた時の嬉しさ。

 

欲しいのに得られない

「焦燥感」が

強ければ強いほど

得られた時の快感は

大きなものとなります。

 

飲み物や食べ物や見えるものなら

ハッキリとわかります。

 

 

目標に到達できなかったり、

もめ事が起きてしまったり、

どうにもならないという

行き詰まりを感じたり、

というストレスも

「焦燥感」です。

 

目には見えないけれど、

あなたがほんとうに欲しいものの存在を

教えてくれます。

 

ほんとうはどうしたいのか?

どうなりたいのか?

 

 

望んでいないのに

起こる出来事の原因は、

それに関わる心の中の

「感情」が作り出しています。

 

その問題が解決した時の

快感を得るためには、

その原因となる

「感情」を特定する必要があります。

 

 

この

見えないけれど確かにあるものを

身体から直接導き出す方法が

RAS®︎のセッションです。

 

 

強いストレスがあるということは

強い感情を持っているということ。

 

つまり、

あなたは自分の人生への

「情熱」にあふれているのです。

 

タグ: , , , , , , , , , , , ,

「結果」

「結果」

「山陰経済ウイークリー」7月24日号掲載コラム原稿

 

 

忘れてしまった名前を

思い出そうとするほど思い出せない。

話題を変えて

フッと力を抜いた瞬間に

「あ!」と出てくる。

 

 

「結果」も同じ仕組みが起こります。

 

今集中すべきは目の前の作業であり行動。

そして

的確な判断は

力を抜いた余白から生まれることの

経験者は多いと思います。

 

「結果」は未来のこと。

今はどうしようもないことなのに

そこに気を取られ続けることで

どんどん理想とは遠ざかっていく。

 

結果を出せなかった

過去の後悔の記憶に囚われているのです。

 

強く不快なストレスを感じる原因は

「マイナスの感情」です。

前向きな感情を

強く持ち続けようとする心の中に

「こうなっては困る」という

マイナスの感情「恐れ」を

持ち続けていることが

サイドブレーキを引いたまま

アクセルを強く踏むのと同じように

作用している仕組みです。

 

そのサイドブレーキを解除することで

「結果」

に向かう障害を取り除くことができます。

 

 

力を抜くポイントは「感情」です。

 

RAS®︎が

「感情」に特化した

セッションである理由がそこにあります。

 

「結果」への障害となる

ストレスを取り除きます。

 

 

タグ: , , , , , , , , , , , ,

「仕事に対するやる気と愛情」

「山陰経済ウイークリー」7月10日掲載コラム

 

 

 

社員のメンタルは

そのまま会社の運営に強く影響します。

持続的成長のために配慮すべき

重要な観点として

よく知られるようになってきました。

 

否定的な感情に傾きやすい現代

「仕事に対するやる気と愛情」を

安定的に保つことは

難しくなりつつあります。

 

職場環境を整えたり

健康を保つための定期検診などが

一般的ではありますが

「メンタルの良好な状態」を

どう維持するかは

大切なことでありながら

世代の違いや個性の違い

そして複雑化する世情の影響により、

これまで有効であった

「集団での研修」だけでは

補いきれないのが現状です。

 

「幸福感」には個人差があります。

気持ちよく働けるか、

前向きでいられるかという

「精神的に良好な状態」は

個別でしか対応する方法はありません。

 

そして

精神的に良好な状態が

健康な肉体を維持します。

 

社員の健康に配慮すること。

特にメンタルマネジメントこそが

今の時代に必要な経営手法である

理由がそこにあります。

 

RAS®︎は

一対一の個別セッションで

一人一人千差万別のメンタルに対応します。

 

個人の集合体である

「組織の健康」を

保つために有益なものであると考えます。

弟

 

なぜなくなったのだろう?

 

ずっと考えている。

悲しみは感じ尽くしたはずなのに

なにかのキッカケで

涙が出てしまう。

 

 

どうにかしたかった。

私ができることをやり尽くしたかった。

 

 

何かできるはずだ!

絶対に!

 

 

頭が抜群にいい。

なんでも理論的に考える。

記憶力もものすごい。

正義感もとても強い。

努力家。

そしてとっても優しい。

話も面白い。

少し皮肉屋。

 

子供の頃に「医者になる」と決めて

その夢を実現させて

ひとのためになることを

一生懸命し続けていた。

 

楽しそうだった。

忙しいけれど

私が羨ましいと感じるほど

充実した顔をしていた。

 

まさか

その正義感の強さが

彼をおかしくしていくなんて。

 

忙しくなって仕事が複雑化していく。

家庭を持って仕事以外でも複雑化していく。

なのに「理想」は昔のまま。

ぜんぶをうまくこなしていく

はずだった。

でも、

それができなくなりつつある

自分に

戸惑い始めていた。

 

 

優しくあろうとして

強くありたいと目指し

ふとしたことで

ひとを傷つけてしまった自分を

許せなかった。

 

嘘をつく人に

腹を立てていた。

ついてはいけない嘘は

正したかった。

その思いが強かった分だけ

嘘をつかなくてはいけなくなった

自分を持て余した。

 

ひとのためになることが

とても大切なことだった。

オーバーヒートしてしまって

ひとのためにできなくなった

自分を責めていた。

 

 

どうしたらいいのか?

彼の豊富な知識から

求め続けていたに違いない。

ならば私は彼の知らない世界で

探してみようと思った。

 

まだ知られてはいないけど

きっとあるはずだと感じていた。

 

どこに焦点をあてればいいのかの

出口はきっとある。

 

 

二度と嘘をつくまいと

正直でいたいのに、

自分の素直な気持ちを表現

することで

傷つけてしまうことを恐れて

言いたいことが

言えなくなる。

 

弱い自分を認めたいけど

それをひとから言われると

誰も責めてはいないのに

責められているように感じて

無理をしてしまう。

 

これまで頑張ってきたんだから

できないことがあってもいいじゃない。

いっそ長期の休みを取って

なんにも考えずに休んだらいいのに。

誘ってみても

彼にはそんな選択肢は

まったくなかった。

 

ひとが問題と思わないことを

本人は深く「問題だ!」と感じている

その深さがどれほどのものか

本人でさえ気づけない時がある。

 

 

ひとの顔を見ただけで

心がうずくならそれは必ずある。

でも

うずく程度では

それこそが「問題だ!」と感じるほどに

深刻にはなれない。

 

「ほんとうはどうしたい?」が

わからなくなっていく。

「しなくてはいけない」ことに

埋めつくされていってしまう。

 

「できない自分」を受け入れるには

勇気が要る。

これまで

「努力すること」「頑張ること」で

どうにかしてきたから。

この真反対の選択肢を認められない。

「努力しない」「頑張らない」なんて。

でも、

避けようとすればするほど

その方向に向かって行く。

 

いくら言葉で伝えようとしても

伝わりきらないもどかしさは

本人が持ち続けている

頑な心情を変えられないから。

そこに

本人が気づかないと終わらない。

 

 

死因は「不明」

家族と一緒にいられなくなり、

仕事もできなくなり、

誰とも会えなくなり、

自分を持て余してしまって

おどろくほどに太っていった

末の死。でした。

 

 

 

 

「ストレス」を感じる段階で

気づいて欲しい。

 

複雑化していく生活の中で

「やりたい!」と思うことが

できなくなっているから

「ストレス」を感じることを。

 

 

それは

早ければ早いほどいい。

 

 

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , ,

「莫大な価値がある」

「莫大な価値がある」

 

甘いものは食べない。

甘えたい時には会わない。

お酒も飲まない。

こんな時は

食べすぎないようにも注意。

 

答えを見つけるまで

私は考え続けてしまう。

 

そして、

フッと気が抜けた瞬間に

 

なんだ、そうか!と

 

答えがやってくる。

 

 

強く苦しんだ分だけ

その時の幸福感も強い。

 

甘いものなんか必要ない。

甘えても答えは得られない。

お酒はまったく必要ない。

むしろ食べない方が良い時もある

 

だって

この充実感こそ

ほんとうの私が求めていたものだから。

 

 

こんなジタバタも、

一生懸命

外側をどうにかしようと

していた頃から比べたら

内側だけの

超エコな行程。

 

 

身体を酷使して、

お金をいっぱい使って、

知識をかき集めて、

がむしゃらに努力している自分を

正当化するために

ひとの評価を得ようとしていた。

 

大掛かりなジタバタ^_^;

 

 

探していた答えは

必ず内側にある。

 

 

大掛かりなジタバタと

同じくらいの大きさの

莫大な価値がある。

 

タグ: , , , , , , , , , , , , ,

「離職」

職場での人間関係の悪化が「離職」の原因となる場合が多くあります。

「人間関係のストレス」に取り組むことは育ててきた人材を失う大きな損失を防ぐために重要な要素。

しかしその対策にお困りの経営者が多いことが現状です。

ひとの「感情」をコントロールすることは出来ないからです。

 

同じ出来事や言葉に対してどう感じるのか?は大きな個人差があります。

不快に感じるひと。

まったく気にならないひと。

強い不快感を感じるのは

本人の心の中に反応するものが

あるからです。

その強い不快感を取り除くことで、

人間関係は格段に良くなっていきます。

 

 

RAS®︎のセッションは

「なんでこんなことで悩んでいたのだろう?」と

本人が感じられるように

サポートしていきます。

 

自分自身の力で本来の個性に戻り、

力を発揮することができるまでを

共に向き合う学術的なワークです。

 

「山陰経済ウイークリー5月29日号」