帰ってくる場所

帰ってくる場所

この角度からの松江の景色は初めてでした。

嵩山の山頂は、とても見晴らしが良く、

大山の方向も絶景でした。

 

 

高校卒業から松江を離れ

大学、就職。

途中、松江に戻り就職しましたが、

しばらくして結婚で、また県外。

 

 

「妻」「嫁」「母親」という役を演じ、

それまでも、

「娘」「姉」「友人」「学生」という役。

 

それぞれの役柄の

最高のパフォーマンスを目指すことが

「生きている意味」だと捉えていたので、

役柄を演じきれない

自分の能力の低さを

常に不満に感じていました。

 

 

私はほかのなにものでもない私。

 

 

「役」を演じることを

どんどん手放して、

ようやく自分らしさを取り戻しました。

 

 

20歳代の頃の私を知る方と

35年ぶりにお会いしたら

 

「ちっとも変わらないね。」

 

と言われましたが、

 

「あれからいっぱい「役」をもらって

演じながらいろんな体験をして、

「役」を演じるのを辞めれることを知って、

「私」に戻ったところなんです。」

 

とご返事しました。

 

 

いちばん自分らしくいられる場所は、

外側ではなく内側にあることを

知ることができた幸せを

強く感じています。

 

 

どんどん変化している街並みと

ひとの流れ。

 

でも、

 

宍道湖と美しい山々に囲まれて、

祝福されたような

豊かな自然の産物に恵まれて、

優しく心豊かな人々が住んでいる。

 

 

松江にあるこの

ありあまる富に

 

ほんとうに気づいている人との

出会いが始まりました。

 

私の身体の芯が震えるほど喜んでいます。

 

 

タグ: , , , , , , , ,