「断食」とRAS®︎ 似ていると感じます。

「断食」とRAS®︎ 似ていると感じます。

5年前から「断食」を
始めました。

キッカケは「酵素」を
知ったことでしたが、
とにかく、その爽快感に
ハマってしまいました。

 

それまでは
「身体に良いものを摂る」
という視点からしか
食べることを考えていませんでした。

 

玄米食やたくさんの野菜料理。
新しいものも
とりあえず試してみる。

 

たっぷり食べているのに
まだ、調子が思わしくないと

 

サプリメントやドリンク類

運動も
ヨガや太極拳やバレエ
ベリーダンス
ジョギング
テニス

 

でも、中年太りの体型は
あまり変わらず
腰痛も抱えたまま。

 

食べたあと
片付けするのが億劫なくらい
疲れていることも
感じていました。

 

朝、起きるのもしんどい。

 

そんなとき、
またまた知り合った方が
断食を体験なさっておられ
「50年、毎日食べ続けたんだから
その体型なら
1週間くらい食べなくても
大丈夫。と、思わない?」
と言われ、納得して始めました。

 

はじめは慎重に
ガイドブックのとおりに進め
3日目からの
目覚めの軽さに
驚きながら楽しみました。

 

時差ボケがなくなったり、
筋肉痛がなくなったり、
味覚や匂いに敏感になったり、
なにより心が軽くなったようで、
若返ったのか?と
ワクワクしました。

 

半年くらいで
体重がかなり減って
服のサイズが変わりました。

 

「食べすぎ
だったんだな〜〜」と
やっと気がつきました。

 

「身体のためには
キチンと食べなきゃいけない」と
子どもたちにも言っていました。

で、
食べすぎで、眠たくなっていました。

 

その頃は
身体の声を聴く
ということに鈍感ですよ!と

 

不調が教えてくれていたのでした。

 

頭で考えるのではなく
身体に聞いてみる。

 

食べたい!と感じる時に
何が欲しいのか?

 

食材を選ぶことも
大切ですが、

 

どれくらい食べるといいのか
感じることが
大切ですよね。

 

そうやって
自分だけのペース。

 

お食事時間でも

その度に
「どう?」と身体に聴いてみて

食べたあとも
「これくらいでいいかな?」と

様子をみて、
自分で確かめていくと

 

こんなに少なくていいんだ。
という時があったり、

 

今は、なんで
たくさんの甘いものが
欲しいのかしら?と

じっくり自分を見つめることが
できるようになってきます。

 

 

そういう意味では
断食はRAS®︎に似てるな。と
思います。

 

心にいっぱいある「感情」

 

頭で考えているだけだと
気がつかないことが
残っていて

本当はどうしたいのか?が
わからなくなってしまうことが
あります。

 

セッションで、身体と対話して
不要なものを「解放」すると
心が軽くなります。

 

「やらなきゃいけない」と
思い込んでいたことに
ストレスを感じていた。

 

それを紛らわすために
甘いものをいっぱい食べたり、
お酒をいっぱい飲んだり、
満腹になろうとしていた
のカモしれません。

 

食べることからの
身体のサイン。

 

 

「そうかも!」と感じたら
RAS®︎のセッション
いらしてみてください。

タグ: , , , , , , , , ,

「答え」は本人が持っているから

「答え」は本人が持っているから

私が資格をいただいた

RAS認定ファシリテーター®

 

自分の本質を生きることを

妨げる「感情」を

解放し終わっています。

 

それは、一番大切なこと。

 

自分の本質とのつながり

スムーズでないと

 

セッションは

できないからです。

 

 

クライアントの

「筋反射」という

身体の反応を

 

正確に読み取るためには

 

 

ファシリテーター自身の

内側が

整っていることが

最大の資格

となります。

 

 

私の「感情」が

邪魔をしてはいけないから。

 

✴︎見た目や年齢からの

先入観を持たないこと。

 

✴︎「こうしたら良いんじゃないのか?」

と、

判断しないこと。

 

 

✴︎「こうなって欲しいな。」

と、

願望を加えないこと。

 

✴︎「こうしてあげたい。」

と、

助けようとしないこと。

 

これらは全て

正確な読み取りの

邪魔をする。

 

筋反射を取る意味が

なくなってしまいます。

 

 

「答えは本人が持っている」

 

それ以外にはありえない。

 

 

それまでの人生での

環境や体験の積み重ね

 

そして、

これからの人生に必要なことは

 

誰一人として

 

同じものは無いから。

 

 

本人だけが

持っている答え。

 

 

とても純粋な

そして単純な仕組み。

 

 

ただ淡々と

「YES」「NO」の反応を

必要な手順を踏んで

 

通訳するだけです。

 

 

でも、

私も人間ですから、

 

日々の生活で

いろんなことが起こります。

 

 

「なんでこれ嫌いなんだろう?」

という小さなことから

「右の脇腹が痛い!」

「車をぶつけた!」

「うまく行かないな~」

揉め事や、

悲しいことも。

 

まだまだたくさんの

体験を積み重ねていきます。

 

 

その度に

 

自分の中にある答えを

探しに行きます。

 

全てです。

 

全ての出来事に

意味があるから

感じるから。

 

 

「答えは本人が持っている。」

 

 

その作業を

繰り返しながら、

自分自身で出来事を

作り出していることが

わかってきます。

 

そう「感じて」いるだけ。

ストレスと感じて いるだけ。

 

 

私がこうして

繰り返している

「自分と向き合う」

 

ことを

 

本人ができるようになる。

 

そのための

セッションです。

 

 

たとえお悩みの内容に

似たような体験をしていても

セッションの中では

アドバイスすることは

できません。

 

本人が

本人の力で

たどり着けなければ

意味がないからです。

 

本人だけが

たどり着ける力

 

 

その力を信頼しているから

セッションの意味があります。

 

 

どうしようもないと

行き詰まっている

ポイントだけを

本人の身体から

読み取ること。

 

 

これが、とても大切。

 

 

クイズの答えを知るよりは

「なんだろう?」

 

考える過程を楽しむことに

似ていますよね。

 

 

大切なのは過程です。

結果だけならジャンケンでいい。

(羽生善治)

 

この言葉。

好きなんです。

 

 

はやく答えが知りたくても、

 

クイズのように

万人共通の答えではないから

 

だからこそ

筋反射。

 

それを読み取る

セッションです。

 

タグ: , , , , , , , , , , , , ,

RASを始めたきっかけ

RASを始めたきっかけ

 

 

RASを始めたきっかけは、

 

教えていただいたことが

「とても面白い」

と、感じたからでした。

 

 

子育て中から始まった

ひどい腰痛が

長年の悩みでした。

 

 

RASは治療とは違います。

 

 

でも、私が感じていた

腰痛の「問題」。

 

 

そのストレスのせいで

 

自由に動くことを

自分で制限していたことを、

なんとかしたいと

思っていたところでした。

 

 

PTAの役員や

何かの仕事を引き受けたり

旅行に行くことなども、

 

途中で具合が悪くなり

責任を果たせなかったり、

迷惑をかけてはいけないと

億劫になってしまっていました。

 

 

腕の良い整体師さんを

紹介してもらって 通ったり、

良い治療法があると聞けば

いろいろ試してもみました。

 

 

とにかく動かすことが

良いことと思って

 

運動も、

いろいろやってみました。

 

 

無理して動いたあとには

ギックリ腰を

何度も経験しました。

 

 

 

腰痛という

「外側」にある問題は

 

私が心で感じていた

「内側」の問題を

知らせてくれている。

 

教えていただきました。

 

「感情」??

 

 

ワクワクしたり 嬉しいと

身体がポカポカしてきたり、

足取りも軽くなってきて、

 

感情は

身体に大きな影響を

及ぼしているとは

感じていましたが、、

 

 

辛いことがあると

不安になって 体温がさがり

手先が冷えたりすることも、

感じていたので、

 

なるべくマイナスの感情は

感じないように

注意していました。

 

 

どんなことでも

「受け取り方だ」と思って

 

頼まれたら

嫌なことでも我慢して

断らないことが

良いことだと信じていました。

 

 

メンタルトレーニング

を受けると

プラスの感情の言葉で

身体に力が入るので

重たいものも重たくない!

嬉しいこともありましたが、

 

マイナスの感情に

向き合うことなどは

習ったことが

ありませんでした。

 

 

むしろ、避けたい。

 

 

そんな感情を持ってしまうこと

自体が不快。

 

そんな感情を持ってしまう

自分が嫌い。

 

 

なんでも「嫌!」 と感じずに、

 

なんでも「大丈夫ですよ~」

(^_^)

 

と、心の広い

ひとでありたい。

 

 

だから、

いったい どんな「感情」を

私は感じていたのか?

自分の感情なのに

なんで分からないのか?

 

とても不思議に思いました。

 

 

マイナスの感情を

押さえている。

 

ことが、

 

実は「大問題」でした。

 

 

「押さえている」ということは

 

感じていたのに

感じたかったのに

 

「ダメ!」と断られるようなもの。

 

 

赤ん坊が

オギャーと泣こうとしている

口を

塞いでしまって

いるようなもの。

 

 

なぜ泣くのか?の

原因を解決できなければ

泣き続ける。

 

 

 

ハッキリと言葉にできたら

わかりやすいのに。。

 

感情も

そんなところが

ありますよね。

 

 

でも、

純粋だった

赤ん坊の感情表現が、

 

成長するにつれて

複雑になり、

 

言葉にできるようになっても、

 

親の顔色を伺ったり、

友だちの驚く様子で

反省したり、

 

次第に知恵を働かせ、

 

純粋に感情を表現できなく

なってきたのも

仕方のないことでした。

 

 

 

そして、

セッションを受けて

はじめて

 

私が押さえてしまっていた

感情が何かを

 

知ることができました。

 

 

その言葉は

私からストレスを

「解放」するために

覚えておかない方が良いと

言われました。

 

 

人によって違うものです。

 

 

ギックリ腰の痛みを抱えながら

その日のセッションを

受け始めましたが、

 

終わる頃には

身体が納得したのか

ずいぶんと楽になっていました。

 

 

どういうふうに

変化が起こるのかは

人によって様々なので

「こうなります」とは

言えませんが、

 

 

私は

「感情か。面白いな。」

意外な観点に興味を持ちました。

 

 

 

押さえていたら

自分の感情なのに

わからなくなってしまう。

 

どんな感情だったのか?を。

 

 

そして

同じように「嫌だ」と

感じる出来事で

より強く感じるようになる。

 

 

でも「嫌だ」は

マイナスの感情だから

それまでどおり

押さえてしまう。

 

 

この繰り返しを

重ねていって、

どうにも押さえきれない

ところまで

行ってしまった結果が

 

 

腰痛

そして

ギックリ腰

 

 

身体が動けなくなって

頼まれごとなど

引き受けるどころか

 

こっちから

人さまに

頼まなければ

いけなくなってしまう。

 

 

赤ん坊に

戻ったみたいに。

 

「やって~~!」

 

 

 

「なんでも 大丈夫。」で

いたいのに。

 

「なんにも できない。」

 

 

 

「あー

無理しちゃいけないな。」

程度なら

それまでも反省してましたが、

 

 

なんと原因が

「感情」だった

だなんて、

 

教えていただくまで

気がつきませんでした。

 

 

 

「面白いな!」と

ワクワクしながら

 

始めることに

なったのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

’健康のために’嫌いなものを我慢して食べる?

’健康のために’嫌いなものを我慢して食べる?

 

「生たまねぎ」嫌いです。f^_^;

加熱すると食べれるので、スライサーは有難い道具です。

以前は「健康のために」という意識が強くて、

自分が玉ねぎ嫌いだと気づかなかった。

 

相当な鈍感。f^_^;

 

「我慢している。」ということが「あたりまえ」。

だって「身体に良いものだから。」

 

身体のために我慢する。

 

「我慢する」から調子が悪くなってたんだ!


気づいてから、

 

生玉ねぎが食べられなくなりました。

 

それにしても、

なんで、玉ねぎが嫌いなんだろう?

何か原因がありそうです。

 

タグ: , , , , , , , , , , , , ,