事業は事業主本人の個性を表現している

事業は事業主本人の個性を表現している

「山陰経済ウイークリー」6月19日号掲載

 

 

私たちは

「事業」という形で社会貢献しながら

その結果として

自分自身の価値を感じたい。

その幸福感が

事業の本来の目的であるはずです。

 

しかし、

資金繰りや売上げ、戦略、

コストそして社員の採用育成など

多くのことに対して

正しい経営判断をしなければならない中に

ストレスを強く感じているものがある場合、

苦手だと感じることが

問題として表面化し

幸福感が得られなくなります。

 

事業は事業主本人の個性を表現しています。

 

問題に対して多くの時間を費やすより

「なぜストレスを感じるのか?」

という新しい視点を提案いたします。

 

ストレスの原因を取り除かない限り

問題は繰り返し起こるからです。

 

RAS®︎のセッションは

ストレスの原因に

ダイレクトに作用する画期的な方法です。

 

原点に立ち戻りやすくするための

サポートをするワークシステムです。

 

ストレスを解放することで

本来の個性が生かされる

事業を展開できるようになります。

まずは一度ご体験ください。

 

 

 

 

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

「社員教育の効果」

「社員教育の効果」

 

コラム原稿③

「社員教育の効果」

 

新入社員の研修から始まる社員教育は

パフォーマンスの向上に

欠かせないものではありますが

会議や講演会の場で高まったはずの士気が

いざ現場になると

これまでの繰り返しに戻ってしまう

ケースが多いと感じているのは

指導者的立場だけでなく

本人も自覚しています。

意識を変える必要性を

頭では理解できているのに

行動に移す段階で抵抗がある感覚。

 

「それまでの経験という記憶」が

ブレーキをかけている状態です。

 

過去の記憶は千差万別。

数字に対するストレス。

人に対するストレス等々。

過去に受けた強い不快感から

抵抗を感じて

新しい一歩を踏み出すことを

邪魔しています。

そこに焦点を当てて対応することで

ブレーキを外すことができます。

 

RAS®︎は対面式の個別セッションです。

本人が自分自身の力で本来の個性に戻り

力を発揮するまでを共に向き合う

ワークです。

 

社員教育の効果を高めるとともに

業務全体のパフォーマンス向上に

ご活用いただけます。

 

 

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , ,

子供への想い②

子供への想い②

 

私は、

この人が 好きだったんだ。

 

 

「私の生んだ子」

「年齢差」

「性別」

「問題だと思っているところ」

 

これらを全部取り払ったら

 

「好きな人」だと

気がつきました。。

 

 

純粋な気持ちで見直すと

 

 

無理をしないで自然に生きている

 

優しく落ち着いた

理想の人

 

 

現代の生活には

そぐわないかもしれないけど、

 

お金のことや

食べること

いろいろなしがらみが

ない世なら

 

 

純粋に 「好きな人」

だなー

 

今日 はじめて 気がつきました。

 

 

私が「問題」だと思っていた

いろんなできないこと。

スムーズに動けないこと。

意思が伝わりにくいこと。

 

本人が 慌てている姿に

こちらが慌てて

 

それを不快に感じて

しまっていただけ。

 

 

この人が 生きている。

ただそれだけで 

幸せじゃないか!

 

 

もし、この人が

近所に住んでいる

他人

だったら、

 

「いい感じの人だな、」と

純粋に思える。

 

何ができようが

何ができなかろうが

関係ない。

 

見ててすっと

胸に入ってくる

あたたかい感覚。

 

もし、

遠く離れていたとしても、

 

たまに会えたら、

たまには話ができたら、

 

嬉しい。

 

 

ここまで純粋に感じることが

できました。

 

 

ただ純粋に好き。

 

という

 

存在が あることを

 

 

私の子供として生まれ、

私から巣立っていくものとして、

見せてくれている。

 

 

近所に住んでる他人

では

味わえない

 

強いつながり

 

 

あらかじめ

決めていたこと のような

 

この濃い関係。

 

 

「存在」 の 意味を

常に信号として

 

光続けて

見せてくれていた。

 

ただそこにある

美しい絵のように

静かなものとして。

 

あらためて

見とれてしまう

私がいました。

 

 

この人は

戸惑っていたんだ。

 

目の前の私から

愛情は感じるのに、

 

「なんで嫌なことさせるの?」

 

したくないのに、

しなきゃいけないって

どうして?

 

 

 

「親だから」

教育しなければ!と

強い考えで

見本になろうとし、

 

「これが できなきゃ!」

「ここに 行かなきゃ!」

「いま、

これを知っておかなきゃ!」

 

たくさんの項目を

押し付けてきた。

 

 

そんなことを

一日中

考えていた。

心配していた。

 

 

ほんとうは 一日中

 

「好きだな」と

 

感じたり、言葉にしたり、

 

楽しく仲良く

もっともっと

たくさんすれば良かった。

 

 

たまーに

 

「これ、どうかな。」と

提案するくらいで

 

どうするかは

本人に任せて

 

手放ししてれば

楽しかっただろうな。

 

彼が 慌てている姿は

 

実は 私の心の中が

慌てていたのを

 

表現してくれていただけ。

 

これで いいのか?

このままいっても 大丈夫か?

周りと あまりにも違いすぎる!

こんなんじゃ きっとダメ!

 

と、

私が 慌ててしまっていた。

 

愛すれば愛するほど

心配で 不安で。。

 

 

そういう「視点」が

できてくると

 

私の父も

好きだな〜

 

私の母も

好きだな〜

 

会えば小言から始まっても、

心配かけてるな と

申し訳なく思っても、

 

すぐに思い浮かんでしまう

細々した思いを

すべて取り払ったら、

 

いい人 だな。

好き だな。

 

純粋な愛情が

ふんわりと 身を包みます。

 

この人が 生きている。

ただそれだけで 

幸せじゃないか!

 

そういうことを

感じるための

家族 なんだ。

 

あまりにも身近すぎて

あまりにも当たり前で

あまりにも空気のように自然

 

でも、

確かに存在し続けている関係。

 

 

 

 

戦争はないけれど

心の中で

戦争をしなくてはいけない

今の世の中が

 

もっともっと

平和になったなら

 

 

彼はほんとうに個性を発揮して

 

楽しく自由に才能を

 

花開かせるでしょう。

 

 

そうなるように

今、私が平和な心でいよう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タグ: , , , , , , , , , , , , ,

問題は解決しようとはしないこと(離婚編)

問題は解決しようとはしないこと(離婚編)

 

「離婚したい!」と裁判をしていた時は、

「離婚できない」という「問題」の解決をしようとしていました。

 

【問題は解決しようとはしないこと】

 

実は、

その問題の根っこは「恐れ」でした。

 

【その時点で感じていた「恐れ」は】

 

「このままでは、一生 自由に生きられない。

生活を管理され、コントロールされ、

私は自分の感情を抑え続けなければならない。」

 

「私が正しい。」

と強く思っていたので、

同じ強さで相手は攻撃してきました。

 

子供たちまで不安にさせ、悲しい思いをさせながら、闘いを長く続けました。

 

ようやく

「離婚」できて、「問題を解決」したはずなのに、落ち着きませんでした。

 

 

【根っこの「恐れ」を残したままだったから】

 

 

自分を管理して、コントロールして、不自由にさせていた。

感情を抑え続けて我慢していた。

 

ほんとうの原因は、私自身にあった

 

だから、

 

自由になれたのに、

「これからどうしたらいいのか?」と

不安が日増しに大きくなっていくことを

どうしようもないまま、

あれこれと試行錯誤を続け。

 

「いつかは、身体がついていけなくなりそうだな」という不安も重なっていきました。

 

 

【「恐れ」は私が 私自身に対して抱いていた感情】

 

あのままいけば、きっと、無理をし続けて、病気になっていた。

先行きの不安から逃れるために動き続けて

安心を求めるあてのない彷徨の末の挫折。

 

裁判の相手は

それを知らせてくれただけ。

 

私が闘っていたものは、

私が作り出した幻想でした。

 

目の前の「問題」だと考えていたものは

本当の「私の問題」に気づくためのサイン。赤信号 だった。

 

 

相手は、心から心配してくれていた。

 

私や子供たちのことを。

 

相手なりのやり方で、それを解決しようとしていた。

相手が「正しい」と信じた方法で。

 

でも、

それを、受け取る私には

攻撃されているとしか思えなかった。

 

私の批判ばかりして、

自分の非を認めようとしないから。

動けなくさせようと

押さえ込む方法ばかりを仕掛けてきたから。

 

私は持ち前の思いっきりの良さで、

それまでしたことのないことばかりに挑戦して、

 

「バカにしないでよ!」と

行動で示そうとしていた。

 

自分が正しい。

自分には権利がある。

自分には行動力がある。

自分には能力がある。

 

相手に助けてもらわなくても

ひとりで人生を生きていく力があるんだ!

 

相手が間違っていて、

自分は正しいんだ!と強調するために。

 

それは「復讐」でした。

私が囚われていたことへの。

 

家族のために頑張ってきた。

家族のために我慢してきた。

家族のために尽くしてきた。

のに、

それを全く評価してもらえない

 

挫折感。焦燥感。

 

そして「怒り」を

 

動きまわり、いろいろなことをすることで

 

「復讐」という形で表現しようとしていた。

 

 

【私が気づいていなかった「大切なこと」を知らせるために 起こってくれた「問題」でした。】

 

「私が囚われていた」のではなく「私が私を縛り付けていた」

 

 

何か手立てはないものかと、「それまで学んできたもの」を いろいろ試してもみましたが、

攻撃されていると思い込んでいたので、反撃することしか思いつきません。

 

「相手の立場に立って考えましょう。」

↑そりゃあ離婚となれば都合悪いでしょうね。そっちが悪いんですから。

そちらの思い通りになんか なるもんですか!

 

「同じステージに答えはありません。離れたところから見るようにしましょう。」

↑俯瞰してみても、どう考えても 批判され攻撃されてるとしか感じられない!

誰が見たって相手が悪いでしょう!  私は被害者なんだわ!

 

「そういうことを改めて考え直す『暦』である。」

↑人生の転機ならば、仕方がない。結婚に向かない誕生日らしいし。

これまで我慢してきたことを爆発させるチャンスなんだわ!

 

「子供のことを考えて。」

↑子供まで管理して押さえ込もうとするなんて許せない。

私の方が正しいんだから、子供は私が守るんだ!

 

押さえきれない腹立ちまぎれに 愚かな考えを必死に繰り返していました。

 

自分が正しくて、相手が間違っているんだ!

 

こんな単純なことなのに、どうしてさっさと終わらせられないのか わからない!

 

自分の正義と相手の正義の違いや

価値観の違いなどにまで、配慮できない狭い心の中で、

 

ただただ「恐怖」と戦っていたのでした。

 

自分が間違っているなどと微塵も認めたくはない。 という「恐怖感」。

 

たとえ「離婚裁判」という形の問題とならなかったとしても、

違う形で必ず何かが起こっていたでしょう。

私が「大切なこと」に気づくまで。

 

【私がそれまで おろそかにしていたこと…自分自身を見つめること】

 

誰の人生なの?

誰の感情なの?

誰の身体なの?

それで幸せなの?

それで楽しいの?

そのままでいいの?

 

いやだ!

 

と 強い感情が生まれて、爆発したのは

この「離婚」という問題のおかげでした。

 

違う形で起こっていても、離婚はしたかもしれません。

でも、関わった人間に、もっと思いやりをもって話を進められたかも。

もっと穏便に、冷静に、お互いが納得して終わらせることができたかも。

 

しかし、

私は「離婚裁判」という戦いとなりました。

 

示談も、調停も、不調に終わってしまったからです。

相手が応じてくれなかったから。

 

でも、それも、私が頑なに「自分が正しい」と貫き通そうとしたから。

 

相手が私の「鏡」になってくれて、示談にも調停にも応じなかった。

 

徹底的に闘って、心に大きな傷を作り、精根尽きるほど疲れました。

 

そこまでしないと私は気づけなかった。

それだけ頑固で直情型で型破りだから。

 

気づかないままでいたら、

「幻想」もそのまま。

何か起こるたびに「幻想」に立ち向かうだけ。

 

【問題は解決しようとはしないこと】

  • その時感じる「感情」に注意を向ける。
  • なぜ、恐怖を感じるのか?
  • なぜ、そう受け取ってしまうのか?
  • なぜ、怒りを感じるのか?
  • なぜ、悲しいと感じるのか?
  • なぜ、焦ってしまうのか?
  • なぜ、自分が正しいと強調しようとするのか?

そして

それは、自分が自分に向けて していることではないのか?

「なんで そんなこと するの?」と受け取ってしまう攻撃は

私が自分にしていること」を教えてくれていた。自分自身を攻撃している。

【それが「問題の奥にある ほんとうに大事なこと」でした。】

 

  • 私は、私には力がない と 思っていた。
  • 自分の人生の責任を100パーセント請け負う自信がなかった。
  • 私は、真剣に自分を幸せにしようと向かい合っていなかった。
  • 私は、自分の意見を主張することを わがままだと思っていた。
  • 私は、できない自分を批判するばかりで、愛せなかった。

自分にこんな酷いことをしていた

 

それを教えてくれる出来事が、

家族や親戚を心配させ、巻き込んだ「裁判」という形で現れ、

離婚することになったのです。

 

心の底で、

認めたくないと思っていた感情。

私にほんとうに必要だったものを獲得しようとする「戦い」

 

そう!

「戦っていたんだ! 自分の心の中で!」

 

RAS®に出会ったおかげで、やっと気づくことができました。

 

あのまま知らないで、また新しい戦いを始めていたかと思うと

 

本当に、RAS®に出会えてよかった!

 

こんな仕組みだったんだ!と ここでやっとわかった!

 

【問題を解決しようとはしない】

「問題」と思ってしまっている自分の中にこそ 本当の「問題」がある。

ここが理解できれば、どれだけ平穏な気持ちになれることでしょうか。

 

ドタバタと動き回ることをやめて、自分と向き合う。

 

自分の「感情」を 自分自身に問う

 

「愛しているよ。大切にするからね。教えてくださいね。」

 

「そうなんだ!」と気づける度に 頑なで硬かった感情が溶けていきます。

 

そして、

自分の「正義」と他人の「正義」は 全く違うことを理解できました。

 

たとえ長年連れ添っても、

たとえ自分の子供であっても、

 

ひとりひとりの持つ「正しい」という考えは、全く違う。

 

「好き」「嫌い」が違うように、

 

「正しい」「正しくない」も違う。

 

 

RAS®の深い「解放」で

 

私は「愛してもらえない」と子供の頃から信じ込んでいたことがわかりました。

 

弟が生まれた瞬間だったようでした。

 

だから、たとえ愛してもらっても、それを信じることができなかったのでした。

 

「解放」したので、

「愛してもらえる」が始まりました。

 

素直に、愛を受け取ることができるようになったのです。

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

忘れられない日

忘れられない日

 

今日は、11月8日。

数字に弱い私が、

忘れられない日にちです。

 

20年前。娘が怪我をした日。

 

 

「なんでこんなことが

起こるんだろう?」

 

いろいろ考えました。

 

あのとき、

あそこに行かなければ?
私がきちんと見守っていなかった?
娘を何かで責めていた?
私がイライラしていた?
健康管理ができていなかった?

 

そして、

子育ての大きな「責任」を、

さらに重たく感じた出来事でした。

 

「罪悪感」

 

親は、

子供の思う通りに

させてやれないことを、

 

自分のせいだと

思うことが多いものです。

 

そして、

不意に起こった事故に対して、

 

「二度とこんなことが起きないように!」

と自分を戒め、

 

より、強く「責任」を

自分に課していく。

 

 

その体験で、生きていくために

必要なことも学びますが、

 

「責任」も「罪悪感」も、

強く感じすぎると

バランスが崩れます。

 

知らず知らずのうちに、

他のことにまで影響します。

 

それに気付かず過ごしていると、

今度は別の出来事で

「バランスがわるすぎる」

ことを知らせてくれます。

 

 

こんな仕組みだったなんて!

やっと、知ったわ。

 

 

「入院生活。面白かったね。」

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , ,

子供への想い①

子供への想い①

 

一人めの子供は、

 

泣いたら すぐ だっこ。

 

その子に集中できるから、

直ぐに欲求を満たしてやれる。

 

授乳や病気など、

赤ちゃんの命を預かる緊張感で、

神経質になっていました。

 

四年後に二人め

その二年後に三人めを授かったので、

成長とともに、

徐々に手放していきましたが、

 

「想い」は誕生のころのまま。

 

「欲求を直ぐに満たしてやりたい。」

 

赤ちゃんじゃないのに、

親として してやれることは?と

自然に反応していまいます。

 

だっこは、しませんが、

 

気分はおんなじようなもの。

 

 

 

親になる。ということは、

 

自分のこと以外に

「しなくてはいけない」仕事を

引き受けるようなところがあります。

 

自分のことだけでも、結構、

「しなくてはいけない」を

持っているのに、

 

そこに、さらに、

増やしているわけです。

 

自分自身の成長とともに、

「しなくてはいけない」ものは

増えていて、

 

でも、

子供が生まれたら

その、「しなくてはいけない」

と思っていたことさえ、

できなくなってしまいます。

 

その上、

 

「したい」と思っていたことも、

できなくなってしまいます。

 

「我慢しなくてはいけない」

 

 

小さい頃は、

「我慢できない」と感じたら、

素直に言葉や態度で自己表現します。

 

うまく表現できないと、

泣いたり逃げたりという、

少し強い自己表現になっていきます。

 

でも、それが許されるのは、

環境によって、様々ですよね。

 

厳しい親や祖父母のもとでは、

「我慢する」ことが「良いこと」と

教えられることが多いものです。

 

親や祖父母も、

そういう環境で育ってきたから。

 

「我慢する」ことが幸せにつながる。

と、自分の体験から信じています。

 

「我慢しなくてはいけない」

 

 

自分に「しなくてはいけない」を

多く持っているひとは、

 

子育てにも

「しなくてはいけない」を

たくさん作り出すようです。

 

そして、

「欲求を直ぐに満たしてやりたい」と

思っている愛する我が子にさえも、

 

言葉が通じるようになると、

「しなくてはいけない」ということを

伝え始めます。

 

それが良いことだと信じているから。

 

我が子が

「泣く」ようなことにならないよう、

言葉で「だっこ」をしています。

 

そして、

 

やりたいことができなかった

自分自身の子供の頃を思い出し、

 

「好きなようにさせてやろう」と

思っていても、

それを許してやれない

親としての矛盾を抱えています。

 

それは、

「しなくてはいけないのか?」を

問い直すことでもあります。

 

自分のことも、子供のことも。

 

 

自分自身が持っている

「しなくてはいけない」という

考えに向き合うことになるのです。

 

 

我慢して、

したいことができなかった自分。

 

それが、幸せだったのか?

 

 

今、生活の周りにあるものは、

そういう考えで

自分が選んできたものです。

 

仕事、人間関係、服装、住居、

家電製品や雑貨類、

日々の食べるものや、読む本、

テレビ番組、映画、

起きる時間、食事の時間、

入浴のタイミング、などなど、、

 

すべてです。

 

私の思いのとおりの 

好きなものなのか?

 

それで私が幸福を感じているのか?

 

 

そして、我が子が見せてくれるいろいろなこと。

 

私が産んで育てても、

「命」は本人だけのもの。

 

「息子」や「娘」であっても、

「幸福」は本人が感じるもの。

 

 

そう考えて、

少し離れた目線から

見ることができるようになると、

 

 

もう、「だっこ」は必要ないよね。

 

と、思えるものが、結構あるようです。

 

 

「しなくてはいけないのか?」は、

本人が決めること。

 

 

できるだけ子供が小さいうちに、

こんなことに気づけるといいですよね。

 

タグ: , , , , , , , , , , , , , ,

兄弟姉妹という環境

兄弟姉妹という環境

 

弟と手をつないで歩いた小さかった頃。

 

迎えを待ちわびて、保育園の

玄関のガラスに張り付いて

私を見つけた笑顔を

忘れることはありません。

 

どんどん変化する環境の中で、

一緒に驚き、楽しみながら、

ともに成長してきた同士。

 

兄弟姉妹は、

おなじ「家族」という環境設定のなかで

育てられながら

「ものの考え方」を学んでいきます。

 

だから、

性格や能力は違っても、

ものごとに対する「考え方」は

とても似ています。

 

 

私たち姉弟は、

とても厳しく躾けられたので、

 

「我慢しなくてはいけない」

 

という考えを、

とても強く握っていたようです。

 

ものごとがスムーズに進むのならば、

自分が本当にしたいことを

我慢するのが当たり前。

と、いつも思っていたのです。

 

結婚して、子供ができると、

「家族のために」

自分を犠牲にすることが、

良いことだとさえ思いはじめます。

 

仕事で疲れていても、

体調が悪くても、

 

「理想の家族」という形を崩さない

ことを最優先とすることで、

 

自分に課せられた責任を

果たしていることが

「良いこと」と信じて

満足してしまうのです。

 

順調に行っている間は良いのですが、

体調が悪くなったり、

経済的な支障が出てきた時に

問題が表面化します。

 

本来ならば、

それ以上の我慢を重ねることよりも、

 

家族に協力してもらって、

治療に専念したり、

 

出費を抑えるために

生活の内容を変えていけば

良いのですが。。

 

我慢を重ねているひとは

 

ひとに頼ることさえも、

我慢してしまいます。

 

家族に我慢をさせることは、

自分がワガママなのだ

とさえ思ってしまい、

 

その不快感よりは、

 

やっぱり自分が我慢をする方を

選んでしまうのです。

 

「我慢しなくてはいけない」という考えは、

「我慢できない」という感情を、

押さえて、

蓋をして、

なかったことにしようとします。

 

自分が「我慢」しさえすれば、

ひとに我慢させることはない。

 

それが「良いこと」。と、

それまで生きてきた中で、

自分で作り上げた考えに縛られ続けていると、

 

それを知らせるために、

出来事が起こり始めます。

 

それは、

 

「このままいったら、

 身体を悪くして、

 動けなくなってしまいますよ!」

 

という、身体からのサインであったり、

 

 

「それで、あなたは、

 本当に幸せなんですか?」

 

と、

考え直さなくてはいけない出来事。

 

たとえば、

さらに我慢しなくてはいけないような

状況にさらされることが起こって、

 

「え!これ以上は、さすがに我慢できないわ!」

となります。

 

そんなことが始まっているのに、

まだ

なかなか気づくことができないと、

 

さらに深刻なことが起こり始めます。

 

動けなくなって、

どうにもならなくなって、

はじめて、

「すみません!よろしくお願いします!」

 

と観念させられるのです。

 

 

我慢が「良いこと」なのか?

 

「感情」を押さえていることが

「良いこと」なのか?

 

学校の成績が良い人ほど、

この傾向は強いのでは?と、

弟を見ていて感じました。

 

結果に対する

執着が強いのでしょうか?

 

挫折を感じる経験が少ないと、

挫折する自分を

許せなくなるのでしょうか?

 

 

自分はどうしたいのか?

 

子どものように笑顔を見せてくれたり、

 

鼻を押さえながらガラスにへばりついて

迎えを待っていたり、

 

大声を出して怒ってくれたら

 

とても分かりやすいですよね。

 

 

弟は「病気」

私は「出来事」

で、観念させられて、

 

ようやく

「我慢できないです!すみません!

よろしくお願いします!」

 

と、なりました。

 

大変な出来事でしたが、

もし、それが無かったら、

 

さらに我慢を続けるという、

自分を自分の考えの奴隷

してしまっていたでしょう。

 

「考える」ことは、大切ですが、

「感じる」ことの

大切さを教えてもらうことは、

とても少ないように思います。

 

「感じる」ことこそ

「生きている」こと。

 

幸せな人生は「感じる」もの。

 

小さい頃から、社会に出るまでを

一緒に過ごしていた私たちが、

ここにきて、

 

一緒に大切なものを

見直すことになったのは、

 

「家族」という環境設定の中に、

 

実は、

大きな課題を持っていて、

 

それに気づくタイミングだったのでした。

 

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,