人を好きになるということ

人を好きになるということ

 

人を好きになると、

 

「結局は、自分と向き合うことになるんだなー」

 

と、思います。

 

 

好きだと言って欲しいから、

自分の価値を認めて欲しくて、奮闘します。

 

そう、「価値」

 

「見た目」の価値だったら、

 

綺麗だと言って欲しい。

肌がすべすべ。

指の形がいい。

髪型が素敵。

若々しい。

つやつやしている。

ほどほどの体型で、

太りすぎじゃないけど、

柔らかくて、女らしい。

 

ここが好き って言ってもらえるように、どこもかしこも気になります。

 

 

「内面」の価値だったら、

 

優しい。明るい。癒してくれる。

常識がある。話してて楽しい。

しっかりしている。

などなど。。

 

他の女性と比べては、ダメだダメだと思いながらも、なんとか良く見せようとする。

 

そして、その項目はキリがなくなる。

 

どんだけポイント高くしたいの?

 

 

自分で思っているほど、人は気にしていないものです。

 

 

化粧品売り場で、とっても気になっているシミをカバーして欲しいのに、

 

「え?そんなに目立ちませんよー」と言われて、初めて気がつくようなもの。

 

自分だって、その人を好きになった理由は、そんな細かいところじゃなかったりする。

 

見た目、と言っても、目の輝きだったり、身体全体の動きだったり、

 

内面、と言っても、なんでも理解してもらおうとは思っていないから、

意見の違いも気にしない。

 

ただ、一緒にいたいだけ。

理由なんて、探したらあるけど、

 

どうでもいいから、一緒にいたい!

 

 

だから、「条件」をつけているのは、自分だけ。

自分ができないことを罰しているのは自分だけ。

 

 

それより大事なことがある。

 

「自分が自分をどう思っているのか?」

 

「価値」が必要だと思ってしまうのは、

「価値」が足りないと思っているから。

 

その自信の無さが言動に表れる方が、

本来持っているはずの生き生きとした輝きを表現できない。

 

よっぽど強いダメージな気がします。

 

自分で自分が好きになれないと、たとえ、親密になれたとしても、

いつも気にしてしまいます。

 

 

親密になれた大きな喜びと同時に、

 

同じだけ大きな不安を抱え込むことになるのです。

 

「この幸せを失うかも」という不安。

 

「価値」が足りない自分より、

「価値がある」ひとに奪われるかも。

 

そして、どんどん「自分ではない」ものになろうとします

 

良く思われたいから、

 

相手にあわせて、自分の気持ちを押さえてしまう。

 

髪が長い娘が好きなのか~。

細身の女性がタイプなのか~。

お料理上手い人がいいのか~。

おとなしい恥ずかしがり屋さんがいいのか~。

 

ん?

私とぜんぜん違う。

 

でも、彼が好きなら、そうならなきゃ!

 

好きだった髪型を変えて、

なんとか痩せようとダイエット、

包丁を持ってオロオロ、

言いたいことも我慢する。

 

でも、それは不自然だから、どこかに無理が生じてくる。

ほんとうの自分じゃないから、いつも緊張してるみたい。

 

我慢していることが、苦痛になってくる。

 

どうでもいいから好き!なはずが、

 

自分が我慢をしてる分、相手に見返りを期待して当然。

と、思い始めたり、

 

どうしてわかってくれないの?

と、怒ったり、悲しくなったり。。

 

この堂々めぐりの ひとり劇場を

終わらせるには、

 

「価値」という考えの枠を無くすこと。

 

見た目の「価値」、内面の「価値」という

ハードルを作ったのは自分なんだ と思い出す。

 

自分ができないことを許すこと。

無理して できなくてもいいんだ。と。

 

そして、ひとと比べないこと。

 

比べることは意味がない。

 

美人?スマート?賢い?器用?

 

取り繕うことに懸命になると

ほんとうの自分の美しさを見失ってしまいます。

 

わたしはこのままで美しい。

無理してできなくてもいい。

 

自分らしくいられると、心が穏やかになってきます。

 

自分が自分を認めて、素の状態を出せること。

それが ほんとうの自分。

偽りのない自分。

 

自分を犠牲にすることはありません。

 

自分の意見は伝える。

 

でも、

それをどう受け取るのかは

相手の問題。相手の自由

 

好きなひとに「好き」「大切なんです。」

と伝う前に、

 

自分に「好き」「大切なんです。」と

言えたら、

 

飾らない、純粋な気持ちでいられます。

 

 

伝えたことを

相手がどう受け取るかは

様々でしょうが、

 

その前に、

自分に素直に伝えられた。

ということこそが、

大切なのです。

 

 

ひとを好きになるという感情を

自分を好きになることで、

純粋に育てることができます。

 

 

もう一歩、先に進めると、

 

「自分を許す」ことの先に

「相手も許す」ことができるようになります。

 

相手がよそ見していても、

他の人に興味を持っているようでも、

会いたいのに会えない時も、

意見が違っても、

思うように応じてもらえなくても、

 

相手の意思を大切にできる。

 

そうしたいんなら、どうぞ。

 

でも、わたしはあなたが好き。

 

 

相手が喜んで、楽しんでいることを心から自分も喜べる。

 

相手は相手の自然のままで、居心地良くいてくれることを幸せに感じます。

 

 

ちょっと難しいことですが、少しずつでも意識してみてください。

そうなれると、嫉妬したり、疑ったり、心配することが少なくなっていきます。

 

自分が無理をしないでいられて、

相手にも無理を強いることがない、

 

平和な関係。が理想です。

 

どうでもいいから好き!でいられます。

 

 

え?無理?

わかりますよ。

 

好きだから束縛したい。

何を考えているのか知りたい。

好きでいてくれるのか確かめたい。

 

ですよね。

 

 

どんなに親密になれても、そんな思いはキリがありません。

 

束縛したいという思いは、

自分の中にある「安心したい」という気持ちがあるから。

 

「安心したい」は「安心できない」という「恐怖」の気持ちがあるから。

 

 

それなら、あなた自身は、自分の気持ちが絶対揺らがない!

ことが約束できるでしょうか?

 

「気持ち」は、常に動いています。

 

ささいなことで、喜んだり、驚いたり、悲しんだり、怒ったり。

 

なんと動きの激しいこと。

 

感情が動くのは当たり前。

 

動き続けているのに、安定しないのが生きている心なのに、

「安心」なんて、無いのに等しい。

 

だから、それより、もっと先に進みましょう。

 

喜んだり、驚いたり、悲しんだり、怒ったりするのは当然。

 

だけど、大丈夫。

 

感じることはとても大切。

 

そして、

感じたなーと、納得したら、

それで終わり。

 

感じるのは、自分だけ。

 

ひどいわ!と怒ったら、

じーっとその感情を感じる。

寂しいなーと感じたら

じーっとその感情を感じる。

 

で、しばらくしたら、

 

さ!次!

と、切り替える。

 

普段の気持ちにリセットします。

 

どうでもいいから 好き!に。

 

そうすると、

また、同じことが起こっても、

感じ方が変わってきます。

 

そのうち、慣れてきます。

怒る強さ、寂しい感覚が小さくなってきます。

 

諦めるのとは違います。

 

きちんと「感じた」なら

それは、諦めたのではなく、

感じ終わったから。

 

我慢はしてはいません。

 

偽りの笑顔ではないのです。

ほんとうに喜んで見ていられる。

 

そして、堂々めぐりも終わらせられます。

 

次の段階へ進んでいるのです。

ステージが変わるように。

 

「ひどいわ!」と思った自分が変わります。

 

「寂しいな」と感じた自分が変わります。

 

だから、

相手への感情が変わります。

 

こうして

「相手を許す」

 

つまり、

 

強がりでもなんでもなく、

そんなことは、どうでも良くなる。

心に真の余裕ができます。

 

 

感情が大きく動く

 

「ひとを好きになること」は

 

ほんとうに生き生きとした変化が生まれます。

 

 

やっかいな、不安定感も味わいますが、

 

それも、どんどん味わいつくし、

 

ワクワク楽しめることも多いものです。

 

 

そして、

人生で大切なこと。

 

自分が自分自身をどう思っているのかを

見つめ直すチャンスです。

 

たとえ相手が替わろうと

 

自分を見つめていく道は

生きている限り続くもの。

そして、成長していくもの。

 

 

幸せは

自分の中に見つけられる。

 

こだわりのない穏やかな心。

 

 

素のままの自分で、幸せを感じて、

相手も

素のままの相手で、幸せを感じて、

 

それを、お互いが、ともに分かち合えるような

 

関係がいいですよね。

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , ,

兄弟姉妹という環境

兄弟姉妹という環境

 

弟と手をつないで歩いた小さかった頃。

 

迎えを待ちわびて、保育園の

玄関のガラスに張り付いて

私を見つけた笑顔を

忘れることはありません。

 

どんどん変化する環境の中で、

一緒に驚き、楽しみながら、

ともに成長してきた同士。

 

兄弟姉妹は、

おなじ「家族」という環境設定のなかで

育てられながら

「ものの考え方」を学んでいきます。

 

だから、

性格や能力は違っても、

ものごとに対する「考え方」は

とても似ています。

 

 

私たち姉弟は、

とても厳しく躾けられたので、

 

「我慢しなくてはいけない」

 

という考えを、

とても強く握っていたようです。

 

ものごとがスムーズに進むのならば、

自分が本当にしたいことを

我慢するのが当たり前。

と、いつも思っていたのです。

 

結婚して、子供ができると、

「家族のために」

自分を犠牲にすることが、

良いことだとさえ思いはじめます。

 

仕事で疲れていても、

体調が悪くても、

 

「理想の家族」という形を崩さない

ことを最優先とすることで、

 

自分に課せられた責任を

果たしていることが

「良いこと」と信じて

満足してしまうのです。

 

順調に行っている間は良いのですが、

体調が悪くなったり、

経済的な支障が出てきた時に

問題が表面化します。

 

本来ならば、

それ以上の我慢を重ねることよりも、

 

家族に協力してもらって、

治療に専念したり、

 

出費を抑えるために

生活の内容を変えていけば

良いのですが。。

 

我慢を重ねているひとは

 

ひとに頼ることさえも、

我慢してしまいます。

 

家族に我慢をさせることは、

自分がワガママなのだ

とさえ思ってしまい、

 

その不快感よりは、

 

やっぱり自分が我慢をする方を

選んでしまうのです。

 

「我慢しなくてはいけない」という考えは、

「我慢できない」という感情を、

押さえて、

蓋をして、

なかったことにしようとします。

 

自分が「我慢」しさえすれば、

ひとに我慢させることはない。

 

それが「良いこと」。と、

それまで生きてきた中で、

自分で作り上げた考えに縛られ続けていると、

 

それを知らせるために、

出来事が起こり始めます。

 

それは、

 

「このままいったら、

 身体を悪くして、

 動けなくなってしまいますよ!」

 

という、身体からのサインであったり、

 

 

「それで、あなたは、

 本当に幸せなんですか?」

 

と、

考え直さなくてはいけない出来事。

 

たとえば、

さらに我慢しなくてはいけないような

状況にさらされることが起こって、

 

「え!これ以上は、さすがに我慢できないわ!」

となります。

 

そんなことが始まっているのに、

まだ

なかなか気づくことができないと、

 

さらに深刻なことが起こり始めます。

 

動けなくなって、

どうにもならなくなって、

はじめて、

「すみません!よろしくお願いします!」

 

と観念させられるのです。

 

 

我慢が「良いこと」なのか?

 

「感情」を押さえていることが

「良いこと」なのか?

 

学校の成績が良い人ほど、

この傾向は強いのでは?と、

弟を見ていて感じました。

 

結果に対する

執着が強いのでしょうか?

 

挫折を感じる経験が少ないと、

挫折する自分を

許せなくなるのでしょうか?

 

 

自分はどうしたいのか?

 

子どものように笑顔を見せてくれたり、

 

鼻を押さえながらガラスにへばりついて

迎えを待っていたり、

 

大声を出して怒ってくれたら

 

とても分かりやすいですよね。

 

 

弟は「病気」

私は「出来事」

で、観念させられて、

 

ようやく

「我慢できないです!すみません!

よろしくお願いします!」

 

と、なりました。

 

大変な出来事でしたが、

もし、それが無かったら、

 

さらに我慢を続けるという、

自分を自分の考えの奴隷

してしまっていたでしょう。

 

「考える」ことは、大切ですが、

「感じる」ことの

大切さを教えてもらうことは、

とても少ないように思います。

 

「感じる」ことこそ

「生きている」こと。

 

幸せな人生は「感じる」もの。

 

小さい頃から、社会に出るまでを

一緒に過ごしていた私たちが、

ここにきて、

 

一緒に大切なものを

見直すことになったのは、

 

「家族」という環境設定の中に、

 

実は、

大きな課題を持っていて、

 

それに気づくタイミングだったのでした。

 

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,