子供への想い②

子供への想い②

 

私は、

この人が 好きだったんだ。

 

 

「私の生んだ子」

「年齢差」

「性別」

「問題だと思っているところ」

 

これらを全部取り払ったら

 

「好きな人」だと

気がつきました。。

 

 

純粋な気持ちで見直すと

 

 

無理をしないで自然に生きている

 

優しく落ち着いた

理想の人

 

 

現代の生活には

そぐわないかもしれないけど、

 

お金のことや

食べること

いろいろなしがらみが

ない世なら

 

 

純粋に 「好きな人」

だなー

 

今日 はじめて 気がつきました。

 

 

私が「問題」だと思っていた

いろんなできないこと。

スムーズに動けないこと。

意思が伝わりにくいこと。

 

本人が 慌てている姿に

こちらが慌てて

 

それを不快に感じて

しまっていただけ。

 

 

この人が 生きている。

ただそれだけで 

幸せじゃないか!

 

 

もし、この人が

近所に住んでいる

他人

だったら、

 

「いい感じの人だな、」と

純粋に思える。

 

何ができようが

何ができなかろうが

関係ない。

 

見ててすっと

胸に入ってくる

あたたかい感覚。

 

もし、

遠く離れていたとしても、

 

たまに会えたら、

たまには話ができたら、

 

嬉しい。

 

 

ここまで純粋に感じることが

できました。

 

 

ただ純粋に好き。

 

という

 

存在が あることを

 

 

私の子供として生まれ、

私から巣立っていくものとして、

見せてくれている。

 

 

近所に住んでる他人

では

味わえない

 

強いつながり

 

 

あらかじめ

決めていたこと のような

 

この濃い関係。

 

 

「存在」 の 意味を

常に信号として

 

光続けて

見せてくれていた。

 

ただそこにある

美しい絵のように

静かなものとして。

 

あらためて

見とれてしまう

私がいました。

 

 

この人は

戸惑っていたんだ。

 

目の前の私から

愛情は感じるのに、

 

「なんで嫌なことさせるの?」

 

したくないのに、

しなきゃいけないって

どうして?

 

 

 

「親だから」

教育しなければ!と

強い考えで

見本になろうとし、

 

「これが できなきゃ!」

「ここに 行かなきゃ!」

「いま、

これを知っておかなきゃ!」

 

たくさんの項目を

押し付けてきた。

 

 

そんなことを

一日中

考えていた。

心配していた。

 

 

ほんとうは 一日中

 

「好きだな」と

 

感じたり、言葉にしたり、

 

楽しく仲良く

もっともっと

たくさんすれば良かった。

 

 

たまーに

 

「これ、どうかな。」と

提案するくらいで

 

どうするかは

本人に任せて

 

手放ししてれば

楽しかっただろうな。

 

彼が 慌てている姿は

 

実は 私の心の中が

慌てていたのを

 

表現してくれていただけ。

 

これで いいのか?

このままいっても 大丈夫か?

周りと あまりにも違いすぎる!

こんなんじゃ きっとダメ!

 

と、

私が 慌ててしまっていた。

 

愛すれば愛するほど

心配で 不安で。。

 

 

そういう「視点」が

できてくると

 

私の父も

好きだな〜

 

私の母も

好きだな〜

 

会えば小言から始まっても、

心配かけてるな と

申し訳なく思っても、

 

すぐに思い浮かんでしまう

細々した思いを

すべて取り払ったら、

 

いい人 だな。

好き だな。

 

純粋な愛情が

ふんわりと 身を包みます。

 

この人が 生きている。

ただそれだけで 

幸せじゃないか!

 

そういうことを

感じるための

家族 なんだ。

 

あまりにも身近すぎて

あまりにも当たり前で

あまりにも空気のように自然

 

でも、

確かに存在し続けている関係。

 

 

 

 

戦争はないけれど

心の中で

戦争をしなくてはいけない

今の世の中が

 

もっともっと

平和になったなら

 

 

彼はほんとうに個性を発揮して

 

楽しく自由に才能を

 

花開かせるでしょう。

 

 

そうなるように

今、私が平和な心でいよう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タグ: , , , , , , , , , , , , ,

忘れられない日

忘れられない日

 

今日は、11月8日。

数字に弱い私が、

忘れられない日にちです。

 

20年前。娘が怪我をした日。

 

 

「なんでこんなことが

起こるんだろう?」

 

いろいろ考えました。

 

あのとき、

あそこに行かなければ?
私がきちんと見守っていなかった?
娘を何かで責めていた?
私がイライラしていた?
健康管理ができていなかった?

 

そして、

子育ての大きな「責任」を、

さらに重たく感じた出来事でした。

 

「罪悪感」

 

親は、

子供の思う通りに

させてやれないことを、

 

自分のせいだと

思うことが多いものです。

 

そして、

不意に起こった事故に対して、

 

「二度とこんなことが起きないように!」

と自分を戒め、

 

より、強く「責任」を

自分に課していく。

 

 

その体験で、生きていくために

必要なことも学びますが、

 

「責任」も「罪悪感」も、

強く感じすぎると

バランスが崩れます。

 

知らず知らずのうちに、

他のことにまで影響します。

 

それに気付かず過ごしていると、

今度は別の出来事で

「バランスがわるすぎる」

ことを知らせてくれます。

 

 

こんな仕組みだったなんて!

やっと、知ったわ。

 

 

「入院生活。面白かったね。」

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , ,

マイナスの感情につながるもの

マイナスの感情につながるもの

 

鮮やかな赤です。(^_^)

梅干し。

眺めていると、唾液が出てくる。

 

そう。

梅干しを見ると いつも

「パブロフの犬」を
思い出します。

 

チリン! という音だけで、

唾液が出てくる。

 

過去の体験の記憶があるから、

反応する。

 

梅干しだけじゃなくて、

私たちは、
いっぱい、そういうことしています。

 

頭を撫でてやろうと手を出したのに、
叩かれることを繰り返された犬が、

身を縮めて、こわがるようなこと。

 

 

「きっと、今度も、嫌な思いをするのだろう。」

 

「どうせ、丁寧に話しても、相手に通じることはないだろう。」

 

「おそらく、あんな高価なものは、一生手にすることはできないだろう。」

 

 

ものや、ひとや、場所などに

リンクを貼った状態にしています。

 

 

見えない。自分の頭の中だけに。

マイナスの感情に

つながるリンクを。

 

 

他の人は、そうではないかも。

だから、他人にはわかりません。

見えないから、

理解もしてもらえません。

 

だって、

自分さえも、

気づいていないこと、

たくさんありますから。

 

 

小さい子供を連れたお母さんが、

涙を流しているのを見たら、

「子育て、大変なんだろうな〜」と
勝手に思ってしまいますが、

自分が自分の子育てを大変だったと

思っていただけ。

 

そのお母さんは、

違う理由で泣いていて、

子育ては、

とっても楽しく幸せなのカモ。

 

子育て=大変 というリンク。

 

 

この梅干しは、

作ったひとからいただいたので、

甘いことなど絶対ない。^^;

減塩などもしていない、

辛くてすっぱ〜いのがわかっているから

唾液が半端なくでますが、、

 

 

リンクを貼ってしまったものに

気づいて外せたら、

新しい可能性に

ワクワクできるようになるカモ。

 

ですよね。

 

「なんで、そう 思ったんだろう?」

 

 

梅干しサイズのルビーは
想像したけど、、

必要ないかな。(^_^)

 

 

タグ: , , , , , , , , , , , ,

子供への想い①

子供への想い①

 

一人めの子供は、

 

泣いたら すぐ だっこ。

 

その子に集中できるから、

直ぐに欲求を満たしてやれる。

 

授乳や病気など、

赤ちゃんの命を預かる緊張感で、

神経質になっていました。

 

四年後に二人め

その二年後に三人めを授かったので、

成長とともに、

徐々に手放していきましたが、

 

「想い」は誕生のころのまま。

 

「欲求を直ぐに満たしてやりたい。」

 

赤ちゃんじゃないのに、

親として してやれることは?と

自然に反応していまいます。

 

だっこは、しませんが、

 

気分はおんなじようなもの。

 

 

 

親になる。ということは、

 

自分のこと以外に

「しなくてはいけない」仕事を

引き受けるようなところがあります。

 

自分のことだけでも、結構、

「しなくてはいけない」を

持っているのに、

 

そこに、さらに、

増やしているわけです。

 

自分自身の成長とともに、

「しなくてはいけない」ものは

増えていて、

 

でも、

子供が生まれたら

その、「しなくてはいけない」

と思っていたことさえ、

できなくなってしまいます。

 

その上、

 

「したい」と思っていたことも、

できなくなってしまいます。

 

「我慢しなくてはいけない」

 

 

小さい頃は、

「我慢できない」と感じたら、

素直に言葉や態度で自己表現します。

 

うまく表現できないと、

泣いたり逃げたりという、

少し強い自己表現になっていきます。

 

でも、それが許されるのは、

環境によって、様々ですよね。

 

厳しい親や祖父母のもとでは、

「我慢する」ことが「良いこと」と

教えられることが多いものです。

 

親や祖父母も、

そういう環境で育ってきたから。

 

「我慢する」ことが幸せにつながる。

と、自分の体験から信じています。

 

「我慢しなくてはいけない」

 

 

自分に「しなくてはいけない」を

多く持っているひとは、

 

子育てにも

「しなくてはいけない」を

たくさん作り出すようです。

 

そして、

「欲求を直ぐに満たしてやりたい」と

思っている愛する我が子にさえも、

 

言葉が通じるようになると、

「しなくてはいけない」ということを

伝え始めます。

 

それが良いことだと信じているから。

 

我が子が

「泣く」ようなことにならないよう、

言葉で「だっこ」をしています。

 

そして、

 

やりたいことができなかった

自分自身の子供の頃を思い出し、

 

「好きなようにさせてやろう」と

思っていても、

それを許してやれない

親としての矛盾を抱えています。

 

それは、

「しなくてはいけないのか?」を

問い直すことでもあります。

 

自分のことも、子供のことも。

 

 

自分自身が持っている

「しなくてはいけない」という

考えに向き合うことになるのです。

 

 

我慢して、

したいことができなかった自分。

 

それが、幸せだったのか?

 

 

今、生活の周りにあるものは、

そういう考えで

自分が選んできたものです。

 

仕事、人間関係、服装、住居、

家電製品や雑貨類、

日々の食べるものや、読む本、

テレビ番組、映画、

起きる時間、食事の時間、

入浴のタイミング、などなど、、

 

すべてです。

 

私の思いのとおりの 

好きなものなのか?

 

それで私が幸福を感じているのか?

 

 

そして、我が子が見せてくれるいろいろなこと。

 

私が産んで育てても、

「命」は本人だけのもの。

 

「息子」や「娘」であっても、

「幸福」は本人が感じるもの。

 

 

そう考えて、

少し離れた目線から

見ることができるようになると、

 

 

もう、「だっこ」は必要ないよね。

 

と、思えるものが、結構あるようです。

 

 

「しなくてはいけないのか?」は、

本人が決めること。

 

 

できるだけ子供が小さいうちに、

こんなことに気づけるといいですよね。

 

タグ: , , , , , , , , , , , , , ,