子供への想い②

子供への想い②

 

私は、

この人が 好きだったんだ。

 

 

「私の生んだ子」

「年齢差」

「性別」

「問題だと思っているところ」

 

これらを全部取り払ったら

 

「好きな人」だと

気がつきました。。

 

 

純粋な気持ちで見直すと

 

 

無理をしないで自然に生きている

 

優しく落ち着いた

理想の人

 

 

現代の生活には

そぐわないかもしれないけど、

 

お金のことや

食べること

いろいろなしがらみが

ない世なら

 

 

純粋に 「好きな人」

だなー

 

今日 はじめて 気がつきました。

 

 

私が「問題」だと思っていた

いろんなできないこと。

スムーズに動けないこと。

意思が伝わりにくいこと。

 

本人が 慌てている姿に

こちらが慌てて

 

それを不快に感じて

しまっていただけ。

 

 

この人が 生きている。

ただそれだけで 

幸せじゃないか!

 

 

もし、この人が

近所に住んでいる

他人

だったら、

 

「いい感じの人だな、」と

純粋に思える。

 

何ができようが

何ができなかろうが

関係ない。

 

見ててすっと

胸に入ってくる

あたたかい感覚。

 

もし、

遠く離れていたとしても、

 

たまに会えたら、

たまには話ができたら、

 

嬉しい。

 

 

ここまで純粋に感じることが

できました。

 

 

ただ純粋に好き。

 

という

 

存在が あることを

 

 

私の子供として生まれ、

私から巣立っていくものとして、

見せてくれている。

 

 

近所に住んでる他人

では

味わえない

 

強いつながり

 

 

あらかじめ

決めていたこと のような

 

この濃い関係。

 

 

「存在」 の 意味を

常に信号として

 

光続けて

見せてくれていた。

 

ただそこにある

美しい絵のように

静かなものとして。

 

あらためて

見とれてしまう

私がいました。

 

 

この人は

戸惑っていたんだ。

 

目の前の私から

愛情は感じるのに、

 

「なんで嫌なことさせるの?」

 

したくないのに、

しなきゃいけないって

どうして?

 

 

 

「親だから」

教育しなければ!と

強い考えで

見本になろうとし、

 

「これが できなきゃ!」

「ここに 行かなきゃ!」

「いま、

これを知っておかなきゃ!」

 

たくさんの項目を

押し付けてきた。

 

 

そんなことを

一日中

考えていた。

心配していた。

 

 

ほんとうは 一日中

 

「好きだな」と

 

感じたり、言葉にしたり、

 

楽しく仲良く

もっともっと

たくさんすれば良かった。

 

 

たまーに

 

「これ、どうかな。」と

提案するくらいで

 

どうするかは

本人に任せて

 

手放ししてれば

楽しかっただろうな。

 

彼が 慌てている姿は

 

実は 私の心の中が

慌てていたのを

 

表現してくれていただけ。

 

これで いいのか?

このままいっても 大丈夫か?

周りと あまりにも違いすぎる!

こんなんじゃ きっとダメ!

 

と、

私が 慌ててしまっていた。

 

愛すれば愛するほど

心配で 不安で。。

 

 

そういう「視点」が

できてくると

 

私の父も

好きだな〜

 

私の母も

好きだな〜

 

会えば小言から始まっても、

心配かけてるな と

申し訳なく思っても、

 

すぐに思い浮かんでしまう

細々した思いを

すべて取り払ったら、

 

いい人 だな。

好き だな。

 

純粋な愛情が

ふんわりと 身を包みます。

 

この人が 生きている。

ただそれだけで 

幸せじゃないか!

 

そういうことを

感じるための

家族 なんだ。

 

あまりにも身近すぎて

あまりにも当たり前で

あまりにも空気のように自然

 

でも、

確かに存在し続けている関係。

 

 

 

 

戦争はないけれど

心の中で

戦争をしなくてはいけない

今の世の中が

 

もっともっと

平和になったなら

 

 

彼はほんとうに個性を発揮して

 

楽しく自由に才能を

 

花開かせるでしょう。

 

 

そうなるように

今、私が平和な心でいよう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タグ: , , , , , , , , , , , , ,

問題は解決しようとはしないこと(離婚編)

問題は解決しようとはしないこと(離婚編)

 

「離婚したい!」と裁判をしていた時は、

「離婚できない」という「問題」の解決をしようとしていました。

 

【問題は解決しようとはしないこと】

 

実は、

その問題の根っこは「恐れ」でした。

 

【その時点で感じていた「恐れ」は】

 

「このままでは、一生 自由に生きられない。

生活を管理され、コントロールされ、

私は自分の感情を抑え続けなければならない。」

 

「私が正しい。」

と強く思っていたので、

同じ強さで相手は攻撃してきました。

 

子供たちまで不安にさせ、悲しい思いをさせながら、闘いを長く続けました。

 

ようやく

「離婚」できて、「問題を解決」したはずなのに、落ち着きませんでした。

 

 

【根っこの「恐れ」を残したままだったから】

 

 

自分を管理して、コントロールして、不自由にさせていた。

感情を抑え続けて我慢していた。

 

ほんとうの原因は、私自身にあった

 

だから、

 

自由になれたのに、

「これからどうしたらいいのか?」と

不安が日増しに大きくなっていくことを

どうしようもないまま、

あれこれと試行錯誤を続け。

 

「いつかは、身体がついていけなくなりそうだな」という不安も重なっていきました。

 

 

【「恐れ」は私が 私自身に対して抱いていた感情】

 

あのままいけば、きっと、無理をし続けて、病気になっていた。

先行きの不安から逃れるために動き続けて

安心を求めるあてのない彷徨の末の挫折。

 

裁判の相手は

それを知らせてくれただけ。

 

私が闘っていたものは、

私が作り出した幻想でした。

 

目の前の「問題」だと考えていたものは

本当の「私の問題」に気づくためのサイン。赤信号 だった。

 

 

相手は、心から心配してくれていた。

 

私や子供たちのことを。

 

相手なりのやり方で、それを解決しようとしていた。

相手が「正しい」と信じた方法で。

 

でも、

それを、受け取る私には

攻撃されているとしか思えなかった。

 

私の批判ばかりして、

自分の非を認めようとしないから。

動けなくさせようと

押さえ込む方法ばかりを仕掛けてきたから。

 

私は持ち前の思いっきりの良さで、

それまでしたことのないことばかりに挑戦して、

 

「バカにしないでよ!」と

行動で示そうとしていた。

 

自分が正しい。

自分には権利がある。

自分には行動力がある。

自分には能力がある。

 

相手に助けてもらわなくても

ひとりで人生を生きていく力があるんだ!

 

相手が間違っていて、

自分は正しいんだ!と強調するために。

 

それは「復讐」でした。

私が囚われていたことへの。

 

家族のために頑張ってきた。

家族のために我慢してきた。

家族のために尽くしてきた。

のに、

それを全く評価してもらえない

 

挫折感。焦燥感。

 

そして「怒り」を

 

動きまわり、いろいろなことをすることで

 

「復讐」という形で表現しようとしていた。

 

 

【私が気づいていなかった「大切なこと」を知らせるために 起こってくれた「問題」でした。】

 

「私が囚われていた」のではなく「私が私を縛り付けていた」

 

 

何か手立てはないものかと、「それまで学んできたもの」を いろいろ試してもみましたが、

攻撃されていると思い込んでいたので、反撃することしか思いつきません。

 

「相手の立場に立って考えましょう。」

↑そりゃあ離婚となれば都合悪いでしょうね。そっちが悪いんですから。

そちらの思い通りになんか なるもんですか!

 

「同じステージに答えはありません。離れたところから見るようにしましょう。」

↑俯瞰してみても、どう考えても 批判され攻撃されてるとしか感じられない!

誰が見たって相手が悪いでしょう!  私は被害者なんだわ!

 

「そういうことを改めて考え直す『暦』である。」

↑人生の転機ならば、仕方がない。結婚に向かない誕生日らしいし。

これまで我慢してきたことを爆発させるチャンスなんだわ!

 

「子供のことを考えて。」

↑子供まで管理して押さえ込もうとするなんて許せない。

私の方が正しいんだから、子供は私が守るんだ!

 

押さえきれない腹立ちまぎれに 愚かな考えを必死に繰り返していました。

 

自分が正しくて、相手が間違っているんだ!

 

こんな単純なことなのに、どうしてさっさと終わらせられないのか わからない!

 

自分の正義と相手の正義の違いや

価値観の違いなどにまで、配慮できない狭い心の中で、

 

ただただ「恐怖」と戦っていたのでした。

 

自分が間違っているなどと微塵も認めたくはない。 という「恐怖感」。

 

たとえ「離婚裁判」という形の問題とならなかったとしても、

違う形で必ず何かが起こっていたでしょう。

私が「大切なこと」に気づくまで。

 

【私がそれまで おろそかにしていたこと…自分自身を見つめること】

 

誰の人生なの?

誰の感情なの?

誰の身体なの?

それで幸せなの?

それで楽しいの?

そのままでいいの?

 

いやだ!

 

と 強い感情が生まれて、爆発したのは

この「離婚」という問題のおかげでした。

 

違う形で起こっていても、離婚はしたかもしれません。

でも、関わった人間に、もっと思いやりをもって話を進められたかも。

もっと穏便に、冷静に、お互いが納得して終わらせることができたかも。

 

しかし、

私は「離婚裁判」という戦いとなりました。

 

示談も、調停も、不調に終わってしまったからです。

相手が応じてくれなかったから。

 

でも、それも、私が頑なに「自分が正しい」と貫き通そうとしたから。

 

相手が私の「鏡」になってくれて、示談にも調停にも応じなかった。

 

徹底的に闘って、心に大きな傷を作り、精根尽きるほど疲れました。

 

そこまでしないと私は気づけなかった。

それだけ頑固で直情型で型破りだから。

 

気づかないままでいたら、

「幻想」もそのまま。

何か起こるたびに「幻想」に立ち向かうだけ。

 

【問題は解決しようとはしないこと】

  • その時感じる「感情」に注意を向ける。
  • なぜ、恐怖を感じるのか?
  • なぜ、そう受け取ってしまうのか?
  • なぜ、怒りを感じるのか?
  • なぜ、悲しいと感じるのか?
  • なぜ、焦ってしまうのか?
  • なぜ、自分が正しいと強調しようとするのか?

そして

それは、自分が自分に向けて していることではないのか?

「なんで そんなこと するの?」と受け取ってしまう攻撃は

私が自分にしていること」を教えてくれていた。自分自身を攻撃している。

【それが「問題の奥にある ほんとうに大事なこと」でした。】

 

  • 私は、私には力がない と 思っていた。
  • 自分の人生の責任を100パーセント請け負う自信がなかった。
  • 私は、真剣に自分を幸せにしようと向かい合っていなかった。
  • 私は、自分の意見を主張することを わがままだと思っていた。
  • 私は、できない自分を批判するばかりで、愛せなかった。

自分にこんな酷いことをしていた

 

それを教えてくれる出来事が、

家族や親戚を心配させ、巻き込んだ「裁判」という形で現れ、

離婚することになったのです。

 

心の底で、

認めたくないと思っていた感情。

私にほんとうに必要だったものを獲得しようとする「戦い」

 

そう!

「戦っていたんだ! 自分の心の中で!」

 

RAS®に出会ったおかげで、やっと気づくことができました。

 

あのまま知らないで、また新しい戦いを始めていたかと思うと

 

本当に、RAS®に出会えてよかった!

 

こんな仕組みだったんだ!と ここでやっとわかった!

 

【問題を解決しようとはしない】

「問題」と思ってしまっている自分の中にこそ 本当の「問題」がある。

ここが理解できれば、どれだけ平穏な気持ちになれることでしょうか。

 

ドタバタと動き回ることをやめて、自分と向き合う。

 

自分の「感情」を 自分自身に問う

 

「愛しているよ。大切にするからね。教えてくださいね。」

 

「そうなんだ!」と気づける度に 頑なで硬かった感情が溶けていきます。

 

そして、

自分の「正義」と他人の「正義」は 全く違うことを理解できました。

 

たとえ長年連れ添っても、

たとえ自分の子供であっても、

 

ひとりひとりの持つ「正しい」という考えは、全く違う。

 

「好き」「嫌い」が違うように、

 

「正しい」「正しくない」も違う。

 

 

RAS®の深い「解放」で

 

私は「愛してもらえない」と子供の頃から信じ込んでいたことがわかりました。

 

弟が生まれた瞬間だったようでした。

 

だから、たとえ愛してもらっても、それを信じることができなかったのでした。

 

「解放」したので、

「愛してもらえる」が始まりました。

 

素直に、愛を受け取ることができるようになったのです。

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

言いにくいこと

「そろそろ

帰って欲しいんだけどなー」

と思いながら、言い出せない。

 

何が大事か

比べてしまっているようで、

申し訳ない気持ちが強くある。

 

思いきって、

正直に、

「そろそろ時間なの。」と言うと、

「あ!そうなんだ。

じゃ、帰るね。またね~~。」と、

意外と相手は気を悪くしたふうもなく、

あっけない反応をするものです。

 

「あんなに悩んでいたのに、

言ってみるもんだな。」

ということ、ありますよね。

 

すべてに

オープンでいられたら、

どんなに楽でしょう。

 

なんにも気にせずに、

その時、その瞬間に感じたことを

素直に言えたら

 

こんなとき、

相手が、どう感じるか?を

気にしています。

 

「えー! もっとしゃべろうよー!

楽しいのになんでー?」

と聞かれてしまったら、

 

「疲れたから。」

「やりたいことがあるの。」

「ボーイフレンドに電話したいの。」

「これ以上あなたといるより、

もっと大事なことがあるから。」

という理由があることを説明して、

 

それと

相手を比べていることを

知られるのが「怖い」

思っているようです。

 

どうして、

自分の感情を大事にするより、

人の反応を

気にしてしまうのでしょう?

 

それを「怖い」と

思っているのでしょう?

 

私も、

それは強く持っています。

 

なるべく相手に「いい気分」で

いてもらいたいから、

自分の感情を押さえてしまう。

 

相手が不快になってしまうことを

怖れています

 

自分が大事にしたいことや、

自分が「いい気分」で

いることよりも、

 

相手のことを強く気にしている。

 

 

自分のあたまで判断して、

「こんなこと言ったら、

嫌な気分になるだろうな。

だから言いにくいな。」と

勝手に想像しています。

 

でも、

自分に置き換えてみると、

 

相手が正直に言ってくれたら、

「そうなんだ」と

悪い気にもならずに

いられることの方が多いと思います。

 

むしろ、

「え?なんで?」と

怒ってしまいそうになる時、

 

どうして自分はそう思うのだろう?

と自分に問い直します。

 

「私といると疲れるの?」

「お菓子まで持ってきてあげたのに、

私と話すことより

やりたい事があるってどういうこと?」

 

「話したいことがあるって言ったの、

そっちじゃない!

時間をやりくりして、

わざわざここまで来たのに!」

 

自分の中に持っている

「感情」が出てきます。

 

ここに反応するから、

不快な怒りを感じるんだと気づきます。

 

「私といると疲れるの?」は、

自分もそういう経験があるから。

 

疲れていることを正直に

相手に伝えずに我慢していたから、

あとでグッタリ、

とても疲れてしまった。

 

という似たような過去の体験。

 

 

こんなことが原因で、

「え?なんで?」と、

ムッとした怒りの感情が出たことに

気づきます。

 

だから相手も同じで、

怒ってしまうのだと勝手に考えて

それを恐れているのです。

 

それどころか、

「少々疲れていても、我慢しなさいよ。」

とまで思っている

自分に気づいて驚くこともあります。

 

「私も我慢したんだから、

あなたができないことは無いでしょう。」

さすがに、そこまで

口に出しては言いませんが、

心の中で平然と、

当然のように思っている自分に

ビックリします。

 

我慢することを無意識に、

人にも押し付けているのです。

 

 

面白いですよね。

だって、こんな体験がなければ、

「あ!そうなんだ。」と

軽く受けとめて、

不快な感情を感じないで

いられたのです。

 

「疲れてるのね。

ゆっくり休んで

元気になって欲しいな。」

という

優しい気持ちを

相手に伝えられるほど、

 

豊かな感情にもなれます。

 

 

我慢することを

押し付けるなんてこと、

絶対思わないですよね。

 

優しい言葉のやりとりで、

私たちは満たされた幸福感を

感じることができるのに、

 

「言いにくいこと」を

持ち続けているということは、

自分の世界を狭くしている。

 

余裕のない心の、

傲慢な自分に気づいて、

自分が嫌になるほどに。

 

こうして

「自分に向き合う」ということが、

とっても大切なことだとわかります。

 

選択肢が狭い

ということは、

自分が

自分の感情を押さえているのが

原因。

 

考えが浅いわけでも、

神経質なわけでも、

我慢できない未熟者なわけでも

ないのです。

 

だから、

傲慢で嫌な自分ではない。

 

「感情」を「どう感じたか」の違いだけ。

 

押さえてしまった「感情」に気づくだけ。

 

実は、

これがわかってしまえば

簡単なことなのです。

 

過去の経験には、

思わぬ落とし穴があるのです。

 

自分が感じた

不快な感情を押さえてしまうと、

 

それをずーっと持ったまま、

「今」を生きているのです。

 

そして、

「言いにくいこと」を

言えずに繰り返していると、

 

「疲れた~」という不快感は、

さらに強く記憶に残るので、

 

さらに強く

「言いにくい」ことになっていきます。

 

押さえてしまった不快な感情が、

いったい何だったのかに

気付かない限り、

 

日々の生活の中で、

「言いにくいこと」

を増やしていくのです。

 

どんどん自分を不自由にしていく。

 

「なんにも気にせずに、

感じたことを素直に言える。」

ことなんて、

到底できない

「今」の自分のままで、

 

これからも

生きていかなきゃいけないなんて、

チョット悲しくなってしまいませんか。

 

で、

「疲れたのよ!」

大声で言いたくなる

状況にまで追い込まれて、

はじめて正直に言える。

 

そこまで追い込んだのは

自分なのに、

 

その時の相手に、

強い不快感を与えてしまうほどの

感情を、

強くぶつけることしかできなくなる。

 

我慢できない!

 

それだけは、

避けたかったから、

ここまで押さえてきたのにね~~

 

一番怖れていたことを、

やってしまわないと

気が済まないほど

追い込んでしまう。

 

そして、

爆発してしまった自分に

 

自分でビックリして、

 

「あー!悪いことした~~!

ごめんなさい!」と

 

そんな自分が嫌になってしまう。

 

それが一番怖いことだったのに。

 

 

そのままで済ませて、

忘れてしまおうとすると、

 

自分をそこまで追い込んだ、

不自由な状態の原因に

気づかないままになってしいます。

 

爆発したのはどうしてだろう?

という理由を

自分の中に探しに行く

貴重なタイミングです。

 

自分を嫌にならないで。

 

爆発することは、

悪いことではなくて、

むしろ、良いことなんです。

 

爆発するのが

早ければ早いほど、

周囲の人への被害も

軽傷で済みますしね。

 

ホントに、

すべてにオープンでいられたら、

どんなに楽でしょう。

 

生きているのですから、

 

強い感情を持つことも

当然ありますよ。

 

なんにも気にせずに、

感じたことを素直に言えたら、

 

爆発するのも、

とっても

小さな爆発でおさまりそうです。

 

そうできたら、

自分を嫌になったりもしない。

 

 

だから、

「言いにくいこと」は、

 

自分の中に持っている

「押さえてしまった感情」に

早く気づけるサイン。

 

そして、それは、

「言いにくいこと」

だけではなくて、

 

いろいろなことに

当てはまることが

理解できるようになります。

 

怒りっぽくなって、

大声で怒るのも、

 

心配で、

ひとのことまで関わろうとするのも、

 

泣き虫になってしまって、

ささいなことでも泣いてしまうのも、

 

外出するのも億劫で、

人と関わることが苦手なことにも、

 

とても人に会いたくなる時も、

 

嘘をついてしまうことも、

 

実はその心の中に、

強く押さえ続けている

「感情」があるから。

 

「お菓子まで持ってきてあげたのに。」

「わざわざここまで来たのに!」

は、

 

喜ばせたいほど好きな友人なのに、

相手はそこまで思ってくれてないの

かもしれない。と、

 

自分の思いと

相手の思いを比べている状態。

 

「思い」なんて、

いつもコロコロ変化して、

自分でも

大きさや形の定まらない

不安定なもので、

比較なんて

できないものなのは

分かっているつもりでも、

 

「お菓子」や「費やした時間」で

無理やり測ろうとしている状態。

 

そして、

「与えた」のだから

「与えてもらう」ことが当然。

という考えがあるからです。

 

「与えてもらえない」ことに

不快感を感じている。

 

「与えた」は=「与えたかった」。

そうしたかった

自分の本当の気持ちが、

「見返りを求めない純粋なもの」

であったら、

 

「与えられ」なくても、

ぜんぜん構わなかったはず。

 

喜んでくれる相手を

見ているだけで

嬉しいものです。

 

でも、

 

「見返りを求めない純粋なもの」

でないから、

「与えてもらう」が当然。

と思い込んでいます。

 

さて、「見返りを求める」のはなぜ?

 

これも、いろいろあると思います。

 

自分の話を聞いて欲しかったから。

 

自分にも

何か喜びを与えてもらいたかった。

 

自分が友人で

良かったと思ってもらいたいから。

 

などということを求めていたのカモしれませんよね。

 

あ!

「疲れても、我慢してもらいたい。」

もありますね。

 

自分の中だけでも、

これだけいろいろな

感情を抱えていて、

それらが複雑に

絡み合っているのです。

 

だから、

相手がどう感じるか?なんて、

全くわからない。

 

気にすることはない。

と思っても

いいんじゃないか?

 

「言いにくいな」と思っても、

言ってみましょう。

その時、

「言いにくいな」と思った

自分を見つめてみましょう。

 

そうして、

 

大切な自分の「いま」を

自由に使えなくしてしまうのは、

 

自分の感情を押さえてしまう

自分自身なんだ!と

 

ひとつひとつ、気づくことで、

 

隠しごとのない、

素直なままの、

オープンな自分を

堂々と表現できるようになれるのです。

 

ほんとうに、ひとつひとつ。

これまで、いろんなことがあったから、

たくさんたくさんあるでしょう。

 

でも、一つでも気づけたら、

それだけ自由になれるのです。

 

「疲れた~!」

「嬉しい!」

「それは残念です~!ガッカリ。」

「ムカムカしたのよ~!」

「呆れたわ!」

「悲しかったの~」

 

これまで

言いにくいと思っていた、

表現できないと思っていた、

たくさんたくさんの感情を

言葉に出していくことで、

生き生きとした自分になっていきます。

 

私も、

事あるごとに、

うまくいったり、いかなかったりを

繰り返していますが、

 

自由は、

こうやって

自分で得られるものなのだと、

驚きながら楽しんでいます。

 

とても狭かった世界が、

少しずつ広くなって、

とても

居心地が良くなってきています。

 

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

マイナスの感情につながるもの

マイナスの感情につながるもの

 

鮮やかな赤です。(^_^)

梅干し。

眺めていると、唾液が出てくる。

 

そう。

梅干しを見ると いつも

「パブロフの犬」を
思い出します。

 

チリン! という音だけで、

唾液が出てくる。

 

過去の体験の記憶があるから、

反応する。

 

梅干しだけじゃなくて、

私たちは、
いっぱい、そういうことしています。

 

頭を撫でてやろうと手を出したのに、
叩かれることを繰り返された犬が、

身を縮めて、こわがるようなこと。

 

 

「きっと、今度も、嫌な思いをするのだろう。」

 

「どうせ、丁寧に話しても、相手に通じることはないだろう。」

 

「おそらく、あんな高価なものは、一生手にすることはできないだろう。」

 

 

ものや、ひとや、場所などに

リンクを貼った状態にしています。

 

 

見えない。自分の頭の中だけに。

マイナスの感情に

つながるリンクを。

 

 

他の人は、そうではないかも。

だから、他人にはわかりません。

見えないから、

理解もしてもらえません。

 

だって、

自分さえも、

気づいていないこと、

たくさんありますから。

 

 

小さい子供を連れたお母さんが、

涙を流しているのを見たら、

「子育て、大変なんだろうな〜」と
勝手に思ってしまいますが、

自分が自分の子育てを大変だったと

思っていただけ。

 

そのお母さんは、

違う理由で泣いていて、

子育ては、

とっても楽しく幸せなのカモ。

 

子育て=大変 というリンク。

 

 

この梅干しは、

作ったひとからいただいたので、

甘いことなど絶対ない。^^;

減塩などもしていない、

辛くてすっぱ〜いのがわかっているから

唾液が半端なくでますが、、

 

 

リンクを貼ってしまったものに

気づいて外せたら、

新しい可能性に

ワクワクできるようになるカモ。

 

ですよね。

 

「なんで、そう 思ったんだろう?」

 

 

梅干しサイズのルビーは
想像したけど、、

必要ないかな。(^_^)

 

 

タグ: , , , , , , , , , , , ,

子供への想い①

子供への想い①

 

一人めの子供は、

 

泣いたら すぐ だっこ。

 

その子に集中できるから、

直ぐに欲求を満たしてやれる。

 

授乳や病気など、

赤ちゃんの命を預かる緊張感で、

神経質になっていました。

 

四年後に二人め

その二年後に三人めを授かったので、

成長とともに、

徐々に手放していきましたが、

 

「想い」は誕生のころのまま。

 

「欲求を直ぐに満たしてやりたい。」

 

赤ちゃんじゃないのに、

親として してやれることは?と

自然に反応していまいます。

 

だっこは、しませんが、

 

気分はおんなじようなもの。

 

 

 

親になる。ということは、

 

自分のこと以外に

「しなくてはいけない」仕事を

引き受けるようなところがあります。

 

自分のことだけでも、結構、

「しなくてはいけない」を

持っているのに、

 

そこに、さらに、

増やしているわけです。

 

自分自身の成長とともに、

「しなくてはいけない」ものは

増えていて、

 

でも、

子供が生まれたら

その、「しなくてはいけない」

と思っていたことさえ、

できなくなってしまいます。

 

その上、

 

「したい」と思っていたことも、

できなくなってしまいます。

 

「我慢しなくてはいけない」

 

 

小さい頃は、

「我慢できない」と感じたら、

素直に言葉や態度で自己表現します。

 

うまく表現できないと、

泣いたり逃げたりという、

少し強い自己表現になっていきます。

 

でも、それが許されるのは、

環境によって、様々ですよね。

 

厳しい親や祖父母のもとでは、

「我慢する」ことが「良いこと」と

教えられることが多いものです。

 

親や祖父母も、

そういう環境で育ってきたから。

 

「我慢する」ことが幸せにつながる。

と、自分の体験から信じています。

 

「我慢しなくてはいけない」

 

 

自分に「しなくてはいけない」を

多く持っているひとは、

 

子育てにも

「しなくてはいけない」を

たくさん作り出すようです。

 

そして、

「欲求を直ぐに満たしてやりたい」と

思っている愛する我が子にさえも、

 

言葉が通じるようになると、

「しなくてはいけない」ということを

伝え始めます。

 

それが良いことだと信じているから。

 

我が子が

「泣く」ようなことにならないよう、

言葉で「だっこ」をしています。

 

そして、

 

やりたいことができなかった

自分自身の子供の頃を思い出し、

 

「好きなようにさせてやろう」と

思っていても、

それを許してやれない

親としての矛盾を抱えています。

 

それは、

「しなくてはいけないのか?」を

問い直すことでもあります。

 

自分のことも、子供のことも。

 

 

自分自身が持っている

「しなくてはいけない」という

考えに向き合うことになるのです。

 

 

我慢して、

したいことができなかった自分。

 

それが、幸せだったのか?

 

 

今、生活の周りにあるものは、

そういう考えで

自分が選んできたものです。

 

仕事、人間関係、服装、住居、

家電製品や雑貨類、

日々の食べるものや、読む本、

テレビ番組、映画、

起きる時間、食事の時間、

入浴のタイミング、などなど、、

 

すべてです。

 

私の思いのとおりの 

好きなものなのか?

 

それで私が幸福を感じているのか?

 

 

そして、我が子が見せてくれるいろいろなこと。

 

私が産んで育てても、

「命」は本人だけのもの。

 

「息子」や「娘」であっても、

「幸福」は本人が感じるもの。

 

 

そう考えて、

少し離れた目線から

見ることができるようになると、

 

 

もう、「だっこ」は必要ないよね。

 

と、思えるものが、結構あるようです。

 

 

「しなくてはいけないのか?」は、

本人が決めること。

 

 

できるだけ子供が小さいうちに、

こんなことに気づけるといいですよね。

 

タグ: , , , , , , , , , , , , , ,